Development

copyright © 2006 Development all rights reserved.
最新の記事




スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

モーニング神父 教え導く   -神父、とりあえず帰る。-  

最近、止めてた煙草をまた吸うことに成功しのだ。セブンスターはきつかったので、ちょっと高いが味わい深いマルボロにした。吸っててよかった、暇なんですもの。
ちょっと夕焼け見てから家に帰った。




ぼちぼち駅まで歩いていった。
帰り道の公園で、オレの足元、なんだ、ムカデが死んでらあ




電車の中、たまたま乗り合わせた女子高生らが騒いでいるので煩わしいから、早くあいつら卒業したらいいのになー、と舌打ちした以外は、概ね大人しく座っていた。

手ぶらで来たのでやることがないから、家に着くまで、ずっとオッパイを揉むのを想像していた。電車の揺れにあわせて一生懸命揉んでいたら、少し元気になってきたので、揉むオッパイの数を増やした。夢中で揉んでたら家だった。家に着いたら家に着いたで、アレやコレやと何やかんやとつまらないから、本格的に床に着くまでちょっと仮眠を取る事に決めて寝た。仮眠の最中、まだオッパイの余韻を引いていたのか、それとも何か、オレに対するご褒美なのかも知れないが、森口博子とエッチなことをする夢を見た。これが中々、やっぱり全然嬉しくなかった。眠った事をオレは悔んだ。
まあいいや、暫くじっとしとくとしよう。


ああ苦しい、だいぶ頭が混乱してきた。ドーパミンでも出ればいいのに、そしたら頭がスッキリするのに。エンドルフィンでもいいんだけどな。あ、なんだかちょっと出てきた感じがさっきしてきた気がするぞ。誰かにチャリで踏まれたんだなあのムカデ、珍しいのにもったいないな。今日は何を食べようかしら、御飯にしようかお米にしようか、それともライスにしちゃおうか、麦でもいいんだ、蕎麦でもいいけど。神父、ノッてきたので妄想してみよ。



オ:「はははw 困ったちゃんだなw けど君のおっちょこちょいも、ボクは好きだよw」

女:「もぅ~、またそんなこといって」
女:「私が本当に好きになったらどうするの! プンプンプーン!!」

オ:「どうするって、ドキドキするさ」

女:「…ロマンティックで素敵、好き」






……
ホイットニー:「エンダーーーーーー!!!」 


ホイットニー:「イアーーーーーーーーーー!!!!!!! 」
ホイットニー:「ウィーーオールウェイズ……」


ホイットニー:「ウィーーオー…??」
ホイットニー:「ウィーー……」



ホイットニー:「ナニカシラ ジナリノヨウナウネリガキコエル」

ホイットニー:「…… オーマイガッ!!」









ハンセン:「ウィィィィイイイイィィィッ イイイイイイイイイイイ!!!!!!!!!!」




!!!!!!!!!!




ズッガガガガァアーーーーーンッッ!!!!!!




間違えた。また間違えたが、スッキリもした。

とっとと色々終わらせよう。

スポンサーサイト
[ 2007/06/21 ] other guy | tb(0) | cm(4)

モーニング神父 教え導く   -神父、悪魔と対峙す。-  



最近酒ばっかり飲んでいるので、あんまりまともに物事が考えられなくなってきました。
酒は良いです、酔えばその場をしのげますので、後は野となれ山となれ。酔いが覚めてもなんにもどうにもなってませんが別にいいです。最近やることなんにもないので好きな時に呑んでいいのでガブガブいきます。酔えば酔うほど酒が麦茶に思えてくるので我が底無しの胃袋は、いつしか、、、


「聞いているのか!!!!」


「お前はオレの話を聞いているのか聞いているんだ!!!!」


「お前だお前、そこのデーモン!!!!」






デーモン :「・・・・・・・」




モーニング:「いや、聞いてるんだよ!!  こらデーモン!!!」


デーモン :「あ、 私ですか?」


モーニング:「お前以外に居るかバカ!!  聞いていたのかオレの話しを!!!」


デーモン :「・・・・・・・」


モーニング:「聞いていた?!  いない?!」



デーモン :「・・・・・・・」




モーニング:「いや、声を出せよ声を!!!」


デーモン :「あ、 私ですか?」


モーニング:「あなたにです!!  あなたに質問しているんです!!!」


デーモン :「聞いたことはあります」


モーニング:「あ  り  ま  す? 誰にdtt ……」
モーニング:「、、、、、、おい、、、お前、、本当にデーモン、、か?」


デーモン :「それは…申し上げられません。」


モーニング:「ああ、、そういう話か、、、失礼しました。ご着席ください」









デーモン :




モーニング:「座れって!!!」


デーモン :「・・・・・・・」
デーモン :「(神父ウゼェwww)」



モーニング:「あ???!!!!!」
モーニング:「え? え? え?!  なになになに、何て言ったん??!!」



デーモン :「・・・・・・・」




モーニング:「ぎいいぃぃぃいいいいいいっっ!!!!!」



……
ああ、神よ、罪深きこのアホ共を煮るなり焼くなり、もうどうにか裁いていただけませんでしょうか!

うううぅ…
ヴヴヴ、、ヴぁーー!! ヴぁーーヴぁーーー!!!!
はい聖書ーーー!! いちまーいっ!! にまーいっ!! さんまーいっ!! よん、よん 
よんまっっ!! うぐぅ~ウッウッウゥッ!!!!!   ホーリーシッ!!!!!!


ううぅぅ、もうええわ、、もうええわオレ、、、、 眩暈がしてきた、もうアカン、、、、、

この世は地獄じゃっ!!!!!!!

うふふふふ~ うふふふふふふふ~☆★☆★


【退場】



デーモン:「おう、笑笑いくか? ww」
ゼノン  :「おう ww」


[ 2007/06/16 ] other guy | tb(0) | cm(0)

ぬつを 

モーニング神父 教え導く。  -汝、孤独を恐れることなかれ- 


バチカンにおける話相手が0人ですので、休憩時間はだいたい筋トレしています。けど腹筋がなかなかつかず、お腹は生憎ブヨブヨです。他はキャシャで見た目ヒョロっとしていますので、お腹だけが目立ってしまって困っていますが、その事について、何か意見してくる友人はいません。いっつも自分で脂肪をつまみ、「あ、先月よりまたちょっと脂肪の量が増えたかも」 って思うだけです。オレ、着痩せするタイプの神父なのかも。 




昼飯時は、一人でいっつもまずい弁当食ってます。この前バチカンうどんをすすっていたら、ジャリっと苦いものをうっかり噛んでしまいましたが、恐ろしくって苦味の正体は探っておらず、そのままうどんと一緒に飲み込みました。うどんもそれほど美味しくないし、むしろ不味い部類に入るうどん。うどんが不味いって余っぽどですけど、腹が減るので仕方ないから喰ってます。前まで平気で食ってましたが、最近イヤイヤ喰ってます。なんか色々面倒くさくなってしまった。もういっそ、みんな奈落に落ちればいいのに。オレだけエデンに行ければいいのに。せめてオレの事を手招きしながら呼ぶ奴だけでも滅んでくれたら!!

…憎しみだけは消えません。幸福なんてないかもしれない。

(実際に毎日この状況で食べてます。知らない間にこうなっていました。 development )


だいたい毎日生きているのが嫌になるけど、天気の良い日が続いているので、一人歩きにもってこい。風が大変気持ちいいので、歩いていると嫌な事も暫く思い出さずに済むので嬉しい!!  

いっとき塞ぎこんでる時期が続いて、毎日汚泥の海をのた打ち回る気分でしたが、ようやく気分も持ち直し、最近すっかり前向きですので、現実から目を背けるのにも何ら後ろめたさを感じはしません。むしろ妄想だけはエスカレートし、自分は半分神な気さえします。聖書も読んだし、メモもたくさんとりました。もう索引するのも大変です。昨日はオマエの為の懺悔もしたよ!

けど酒だけは止められません。可愛い愛弟子ダミアンと、いっつも晩酌しています。つってもダミアンまだ子供ですのでジュースを飲んでいますけど、幸いかな奴は神の聴き手と見まごう程の聴き上手、その凄まじい聴きぶりに、いっつも大変興奮してます。奴に話しを聴かせていると、語り手側がだんだん悦に入ってくる! さながら宇宙と和合するよう!! なのに昨日はダミアンが、首が痛いと言い出しました。 「回る! 回る!」 と言って泣きます。 「祓って! 祓って!!」 と、涙ながらに懇願します。腰痛からくる首ヘルニアか何かでしょうか、しばらく様子を見てみます。

明日、2件用事があるので帰って寝ます。けど胸騒ぎが止まりません。何か絶対よくないことが明日起きる! もうしんどいよー しんどいよー 脳が痒い。

おし、そろそろ帰るわ。机の上、拭いといて。

[ 2007/05/24 ] other guy | tb(0) | cm(0)

モーニング神父  教え、導く。 


人生において、ただ素晴らしいものは、いろいろな人と、ひたすら出会うことなのです。言ってしまえば、出会いのない人生なんて、たいして意味がないのかもしれません。
よき出会いが人を育み、よき出会いに恵まれた人がまた、よき出会いを与える事ができるのです。



……
なんだか今日はいけそうだ。
二日酔いで頭は痛いが、このまま何か、力とか希望が宿った、限りなく天国に近いっぽい教えを民衆に伝えることができる気がする。がんばろう。

うお、ハレルヤ!! そらみろ、がんばろうって自然に出たよ。

主よ、マジでありがとう。今日はだいぶん気分がいいわ。
こりゃいける、だんだん気持ちも昂ぶってきた。長らく見失っていた希望の尻尾も掴んでみせるぞ。ハハ、今ならドリカムの歌も平気で聴ける気がするよ!!
メンタル面がしんどいときに、正直ヤツらの歌はしんどいからな。ハツラツすぎて、身がちぎれる思いがします。それはたぶん、地獄を這いずる名状しがたい生き物共が、十字架を拒絶するのと同じ理由なんだと思う。それにドリカムの歌にくっついてる思い出とかもあんまりいいのがないのよね。

★朝がまた来る
「雨だろうが晴れだろうが朝はくるので、とっとと例の100万行のソースコードを解析しなさい」

★何度でも
「仕様変更してあげましたので、何度でも何度でも立ち上がりコンパイルが通るまで居残りなさい」



あんまりはっきり覚えてないけど、確かこんな歌詞だったっけ。違うよね、わかってた。ただ少し昔を思い出しただけ。




… 話しがそれたね、まあ聴いてくれてもいいじゃない。
神父やる前、オレ、派遣プログラマーだったんだけどね。あの頃ホントにつまらなかったし、辛かった。思い出したら悲しくなるけど、まあオレがここで悲しいだとか、しんどいだとか喚いてみても、誰かがオレを救ってくれるわけじゃないからね。そもそも人があんまり来ませんのでねオレの説教。人気なんてありませんから。自己満足でやってるだけです。声小さいし、聴きづらいしねオレの声。
後ろのほう、聞こえにくかったらもう帰ったら?

この際言うけど、正直あんまり聖書読むのも好きじゃないです。たぶんオマエらのほうが詳しいんじゃない? 黙示録とか、オレほとんど読んでないから。
けど、悪い? 悪くないだろ、良かれと思って善意でやってあげてる説教なんだし、タダ聴きしといて不満そうな顔するなよこの罰当たり!! オマエら7回生まれ変わって7回ともしょうもない人生を送れバカ!! ずっと道に迷ってろ!!

…… ごめんね、言い過ぎたかも。
けど、人の事とやかく言う子羊は、オレ、嫌いです。
よくないですよ、そういう性根は、よくないです。貴方の為に祈ってあげます。


あーもう、オマエらがなんやかんやうるさいから説教だるくなってきました。
冒頭で出会いって良いって言ったけど、良き出会いなんて殆どないから。実際にオレ、オマエらとも出会わなければ良かったって、今めっちゃ後悔してる。こうしてここに立っていることさえ屈辱的です。オマエら迷える子羊どもは盲目なので、あんまり人のそういう内面的なところまで見えないと思うけど、もっと気を使える大人になれよないい加減。あ、心貧しいものは幸いだっけか、じゃあオマエらよかったな。まあいいわ、しょうもない。


人は人の足を引っ張るために生きているようなもんだから、もうオマエらも、引っ張られるより引っ張る側にまわったほうが、この際マシだぞ。つってももう引っ張ってるか、そうだよな、オマエらの辛気臭いツラみてたら聴くまでもなくすぐにわかるわ。
ああ、こんなことならいっそ、出会いなんかハナっからなかったら、オレも辛い思いをしなくて済むのに。毎晩ぐっすり眠れもするのに。

人類がもっと、減ればいいのに。


もう帰れよ。

あ、言い忘れたけど、お前ら全員、悪魔憑いてるから。





[ 2007/04/21 ] other guy | tb(0) | cm(0)

怒りに満ちたヘッドフィールドが神を冒涜するDiary  

4月になって暫く経った。町のいたるところで希望に満ちた、罪深きフレッシュマン等が緊張した面持ちで歩いているのをよく見かけるので反吐が出て仕方ない。
彼らの足取りは、諸々の罪を背負って砂漠に一歩を踏み出した生贄のように不確かでおぼつかないのだが、サタンがそうある事を望んでいるから抗えないのだ。もう人類全員悪魔を称えて、神にツバを吐きかければいいのにな。



オレも若いときはカークやラーズ、クリフ等と共に、不徳にも酒を飲みながら小銭を賭けてポーカーしたりもしたもんだ。ファックとかビッチとか、汚い言葉をいっぱい吐いてな。
中でもカークが編み出した、サイコロを三つ振って666のオーメンが出るまで神を冒涜し続ける 「オレらのダイスがメシアをKILLする」 は最高だった。不貞不徳の極みのような一時だったよ。束の間オレ等は紛れもない罪そのものだったね。そうした背徳の時間を仲間と過ごしていく中で、オレはBLACKアルバムの構想を得た。アレは売れたよ。この世で信じられるのは金とドラッグ。
文句ある奴は背の高い奴から順に殺す。


あーしかし、毎日オレは怒りに満ちてる。とめどないのよ実際問題。もう一思いに盲目の小羊とその同類どもを地獄の果てまで追い込んでから、一人残らず紅蓮の業火で炙ってやるか、棘の冠を被せたうえで朽ち果てた逆十字に生きたまま吊るし上げるかしてやりたい。つーかもう、神の名を汚したくってしょうがない。
希望上等!! お前等のペルソナをあらゆる手段で陵辱してから引き剥がし、尊厳という尊厳をその痩せ細った魂から奪い去ってやりたくもあるんだけどね。
なぜならオレは苦痛、オレは絶望、オレはお前の罪を写し出す鏡だからだこの野朗共!!もうたくさんだ、もうたくさんだ!! お前等全員燃えつきろ!!


世を呪い続けて随分になる。お前等いい加減、悪魔崇拝しろっての。

気持ち、伝わった?




[ 2007/04/08 ] other guy | tb(0) | cm(0)

エンリケは昨日、おケツの腫物を切開し、堪えきれなかった。 

「おケツに腫れ物ができ、今痛む。と前に言ったが、これが大変なことになり、オレは昨日、おケツを切開した。サックリ切られた。
麻酔を注射された直後に切られたが、それって麻酔効いてないんじゃないのかなーと不安だったが案の定、切られた直後にとてつもない痛みがおケツから腰を経て脊髄を駆け上がり、脳に達した。久しぶりに悲鳴を上げた。最後に悲鳴を上げたのは、ある事情から意識朦朧となりながら担ぎ込まれた病院で、尿道に管をつっこまれた時だったっけな。あの時は尿道に管を突っ込まれた直後にとてつもない痛みが尿道から海綿体を経て脊髄を駆け上がり、脳に達して悲鳴を上げた。おかげで混濁していた意識が一瞬で覚醒したのを覚えている。あの時も地獄だったが、今度はそれとは異なる地獄だったぁぁ…

ああいいいいいいああああ!!いぎぃやああああああああーーっ!!あぁ、ぁ、ぁ、、、、

おケツから背中にかけてつつつーっと流れているのはどうやら膿か。
その膿を医者がティッシュか何かで拭き取ったのをオレに 「ホレ見てみろ」 と言うから 「見たくない」 と断ったら医者と助手がはっはっはと笑い、場が和んだ。オレ以外和んだ。
主治医であるオッサンの先生と、オレと同い年くらいの助手らしきお姉さん女医にオレはおケツの全てとタマポコをじっくり見られた。時間の流れはやけに怠慢だった気がした。オレは見られている間、おケツの穴にティッシュのカスが付着していないかが物凄く気になっていたが、切られることによる痛みのせいでいろんな不安が吹き飛んだ。

切開した傷口がすぐ塞がるとまた腫れるので、開いたばかりの傷口にガーゼを詰めて塞がるのを防ぐという。好きにしてくれ、とオレは思った。この時点であんまり物事を筋道だって考えることができなくなっていたぁぁあいああああああああーーーーっ!!!! いああいいいいいいいいいいっっっっ!!!! っゃっあぁ、ぁ、ぁ、、、、ぎゃあああああああぁ、ぁ、、…… ?!
っゃっあぁぎゃあぁぁいあああああーっ!やあめーてーーやめえめメメトロイドーーぉぉ!!!

……
切開の2倍は痛かった。
全部終わると、お姉さん女医がサービスで女性が毎月使うナプキンを一枚くれた。頼むからオレに優しくするのはやめてくれ。そして外科手術料として8000円を支払った。
帰りの電車、窓ガラスに映るオレは痛みのせいでいつもよりキリっとして男前になっていた。

帰宅し、ナプキンを付け、寝転んで漫画を読み、お菓子食ってたら麻酔がじょじょに切れ始めて痛くなり、オレは悶えた。どうにもならずに悶え続けた。痛み止めを飲んだが効き始めるまで時間が掛かったのでしばらく悶えて苦しんだ。
その夜眠りにつくまでオレは毛虫みたいにもぞもぞするより仕方なかった。


昨日切って、今日、ガーゼを取替えにいった。
あいかわらず待合室の患者達は神妙な面持ちで行儀の悪い座り方をしている。みんなおケツが痛いのだ。すぐにオレの番が回ってきた。今日も昨日と同じオッサン主治医とお姉さん女医だった。 「あ、わかってますよー」 的な女医さんの笑みに何故だかオレはイラっとした。けど今、オレはその人にもらったナプキンを付けているのだ。
んで、二人に再びおケツの全てとタマポコをじっくり見られた上で傷口を開けられ、ガーゼを詰め替えられた。あの時と同じ地獄の痛みをまた味わった。火曜日もいかねばならない。けどおかげで小さな悩みが吹き飛んだのでよかった。」 とエンリケは語った。

彼は最後にこう言った。
「アル・ディアベンタ・デルコスタディアンカ (神よオレに鋼の肛門を与えたまえ)」 と。





[ 2007/03/30 ] other guy | tb(0) | cm(0)

エンリケが今日、大げさな泣き言の末、復活した。 

社会に出て今年でそろそろ10年になる。最近死ぬことについてよく考える。考える時間が前より増えているのに気がついた。
夜、洗面所で手を洗っているとき、背後の何かに怯えることが多くなり、今後未来に良いことなど一つもないという確信から、絶望に沈む場面が増えた。物音に過敏になり、他人には無関心になった。人を羨ましがることがなくなり、こんなもんだと諦める癖が身に付いた。あの時ああしていればとよく過去を振り返る。最近よく電車の窓から夕焼けを見る。今日は曇っていたので駄目だった。酒の量が増え、タバコはやめた。オレは歯磨きばかりしている気がする。ささやかだけれど、楽しい事に出会いもした。趣味も増えた。昔面白かった小説を読み直すのが最近楽しい。美味い飯屋も多くみつけた。酒の飲み方も解かってきたし、飲み友達にも数人出合えた。どいつもみんないい奴だ。振り返る素晴らしい思い出もある。友達と色々な場所に出かけもしたし、どれもがとても良き日々だった。

ただ最近よく風邪を引くようになり、腹もでた。おケツに腫れ物ができ、今痛む。加齢と共に、肛門も劣化が進むとどこかで読んだ。歳をとったと思う場面が増えてきた。
楽しいことはちゃんとあるが、何故だか死ぬことばかり考える。オレはどうやら病気のようだ。

オレは今よりも楽しく生たい。現状に満足することを覚え、毎日の暮らしの中に幸せを感じ続けていたい。人間は笑うために生きている。





[ 2007/03/27 ] other guy | tb(0) | cm(0)

ワスントゥンDC - 春は出会いと別れと不倫の季節 - 

出会いたくない奴らと出会い、別れたくない人達と別れる季節、もうそろそろ桜が咲くのか咲いたのか、知らないけどもそろそろ春か。桜が芽吹く。すぐに散るけど頑張って咲け。
桜にまつわるエピソードは昔オレが悪やってたときのが色々あっけど、昔のヤンチャ話してもつまんねーから今日はよすわ。そんかわし、オレがうっかり父の大事な桜を折ってしまったが、正直に謝ったからでっけー親父は 「もういいよ」 と許してくれた時の話をしてやっから聴け。

■つい父さんの大事な桜を折ってしまったワシントン記

ワ: 「桜は日本の誇りですよね、吉野なんとか?とか、とっても綺麗で優雅だもの。ただし君のほうがとっても綺麗で優雅なんだよ。見て、ボクのサクランボウ。このサクラン坊主が笑顔咲く君とぜひ繋がってみたいって言ってるんだよ。どうだい、二人であサクラ晩まで(朝から晩まで)お互いのオシベとメシベでペシペシしないかなんつってww 
…ん? 冗談だよ、冗談。つーかそもそもオレなんにも卑猥なこといってなくない? オレはただ、オレのサクランボウみたいな肉の何かで君と朝まで隣どおしで繋がりあいっこしたいなって言っただけだろ。だからそんなうっかり踏んでしまったガムを見るような目でオレを見るのを今すぐやめろ!! 頭が変になりそうだ!! ヌンッ!! あ、くそ、興奮してつい父さんの大事な桜を折ってしまった… 正直にあやまりにいこう。」

ワ: 「あ、父さんごめん。」
父: 「…もういい。」
ワ: 「とうさ」  父:「下がれ。」
ワ: 「と……」
父: 「…」
ワ: 「………」


オレはこんな事を書きたかったのではない。

[ 2007/03/13 ] other guy | tb(0) | cm(0)

水上スキーヤーTom 

Hello world !! My name is Tom. I can speak Japanese very well .
スコシシャベレマス. タダシスコシデス.


センゲツカラハジメタコノブログデスケド, ゼンハントバシスギタノデ, ハヤクもネタニコマッテイマス. シカモキョウハ, キノウトモダチタチト, タクサンサケヲノンダノデ, フツカヨイデ, スコシウツデ,シニタイキブンデス.


………


take it easy !


[ 2007/02/12 ] other guy | tb(0) | cm(0)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。