Development

copyright © 2006 Development all rights reserved.
最新の記事




スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

春はまだまだこれからですよw  これは詩かな?日記かな? 

日々寒さは薄らぎ、一雨ごとに春も深まっていくようです。暖かくなってきましたね。皆さんいかがお過ごしでしょうか、花より団子で食べすぎちゃったりしていませんか? (爆

今更ですけど、桜の写真… (;^_^A


残念ながら、写真のような桜の時期は過ぎてしまいましたが、名前も知らない小さな花は、今日もどこかで芽吹いています。まだまだ都会にも自然はたくさん残ってますよ! 
空を見上げてみてください、雲がながれ、鳥が飛んでいます。ビルの合間に見える夕陽や、川面を照らす朝の光もとっても綺麗… 見ているとなんだか元気が出てきませんか w
色んなところに美しい自然が潜んでいます。皆さんも自分だけの小さな庭を是非見つけてみてはいかがでしょう、きっと素敵な気分になれますヨー!!  ★ ☆ ★ ☆ 
 ρ(^O^)/~♪ララ~

さて僕ですけど、最近は自分自身から世間へと憎しみの対象が変化したので、以前よりも幾らかは穏やかな気持ちで日々暮らせるようになりました。そのせいか、体にアルコールが一滴も入っていない時間も、わずかですけど増え始めてます。これは僕にとってはよい兆し! もうブラックアウトは真っ平です …。 なんだかだんだん疲れてきました、甘いものがとっても食べたい。
ボクはやります、見ていてください父さん母さん、もう後一歩で這い出せそうです、終わりの見えない負の連鎖から!!

今後もこの調子で世界のあらゆる残酷さに敢然と立ち向かい一人歩もうと、眠れぬ午前5時の東の空にオレは誓いを立てました。蝿とネズミがそれを祝ってくれていました。

そいつらに駄菓子の屑をくれてやったら、礼には少し足りなかったか、
不服そうに食べていました。
もう死ねよと言われた気がしないでもない。
黙れと言って、すかさず蝿を潰したものの、ネズミを踏むのは躊躇いました。
仕損じましたが、それで良かった。

何かしようとしていた事を全部忘れた。
人生の半分くらいがもう過ぎている。

とにかく寝よう、
明日は晴れると言っている。

スポンサーサイト

河童にシリコダマ抜かれたみたいにしんどい 

バービー オズの魔法使い かかし ケン近頃毎日しんどそうなオレ。ちょっと元気な死体みたいだ。原因はわからないけどなんだかしょっちゅうウジウジするので困っております。今ならNANAを見て泣くことさえ出来る気がする。どんな話か知らないけども。
きっとギターを弾く黒いNANAと、ピアノを弾く白いNANAがバンドを組み、二人のバンドが苦労しながら次第に売れ、最終的には武道館で長淵ツヨシの前座を勤めてハッピーエンドとなる話かな? きっと違うね、最後が違う。どうやらオレのユーモアも少し錆たか。ショックです。まあいいか、いずれもとに戻るでしょうよ。きっと戻る、うん戻る。

「いいよ元々つまらないから戻らなくても」 とかコメントしないで下さいね。削除しますよそんなコメント。ネット上では滅法強気ですよこのオレは。まあどうせ、コメントなんてほとんど貰っていませんけどね。くれる人、本当にありがとうございます。嬉しいです。けどもう、いいでんすよどうせもう。いいんですって、ほんとにもう、もういっそ、オレはシジミになっていたい …


■ オレはシジミになっていたい ~~~~~~~~~~

もういっそ、オレはシジミになっていたい。
シジミになって、誰の熊手も届かないほど砂の底まで深く沈んで、
ただ黙々と、死ぬまで海水を濾過していたい。

仲間のシジミに 「あいつはシジミの鏡だ」 などと噂され、チヤホヤされても天狗にならず、
満ち潮だろうが引き潮だろうが、
オレは朝から晩までずっと濾過する。

濾過する量が多いから、オレのシジミの触手は発達し、他より長い。
見た目はグロいがそれがどうした!! 大事なのは濾過量だろう。

オレをよく見ろ!! 

他はせいぜい2リットルだが、オレは一日8リットルは濾過しているんだ。
このグロいが長い触手はな、オレの8リットルの勲章なんだよ …

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

オレはシジミになってそうして暮らしていたいんだけど本当は、シジミが海水を濾過してるのかどうかとか何にも知らないんだけどさぁ、まあいいじゃん、もうほうっておいてくんないだろうか。
もうほんと、静かにほうっておいてくれたらと、オレはシジミ (しみじみ) 思ってるんよねTV見ながらお菓子食ってさ、思ってんだって言ってんでしょうがホントに困った人達だ。


身近にあった悲壮感 

昨日の記事でオレが望んだ悲壮感だが、なんだか今日、普通に仕事してたらたっぷり出てた。
このチャンスを見す見すと逃すオレではないので、今回たっぷり利用した上で一つの歌をオレは奏でた。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
■ ipconfig /all

LANケーブルを HUBまでたどろう
HUBからHUBへ ときにはHUBからルーターへ

PIGを打っても返事はこない 
なぜなら本当はPINGが正しいコマンドだから
それは何度も言っただろう

どこかよじれたところは ございませんか

目に映るのは とある同期の膝から下と 別な同期の膝から下で
あとはホコリがすみっこに 塊のままゴロゴロと

ああ、 畜生
雨がふろうと 風がふこうと 
オレは明日も地べたを這いずる ただの一人のサラリーマン

そうして今夜もまたオレは
一皮剥けば イカの臭いのする部屋で
じっとうずくまってはメソメソするのか


最早いたるところに染みこんだ 
やめたタバコと イカの臭い

ああ、 畜生
どうしようもないから今夜もオレは
夜が明けるまで一皮剥いては
イカの臭いを 嗅ぐのだな 

ああ、 畜生
今夜もきっと 昨日と同じ

一皮剥けば 
イカの臭い

一皮剥けば 

イカの臭い

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

…なんかもう今日から3年くらいは部屋に引き篭もりたい気分になった。

今週はダメ 来週に期待 

今週はもうダメだ。
ニコラスケージの写真入り記事を掲載した後の blogranking.net のランクが一気に300も下がっており慌てる。取り急ぎヤツの記事を隠蔽することによっていくらかの安心を得たが、そんなものはただの気休めに過ぎない事は周知の事実だ。失った300位を巻き返す力はこのブログにはすでにない。あとは1000番台を万年ウロウロするだけだぜどうせ! クソッ!!」
そう言ってのび太は石壁に拳を………


■ドラえもん・のび太の砂塵に埋もれたリボルバー!! より -

~~万年ウロウロするだけだぜどうせ! クソッ!!」
そう言ってのび太は石壁に拳を叩きつけた。すでに皮が裂けて血の滲み出た彼の拳が叩きつけられた壁面には、赤黒い血の痕が残った。
獄中ののび太は牙を失い、片側のレンズを失い、ただの怯えたイタチのように惨めだった。
「オレはヤツに言われた通りの穴を掘った。それが自分の墓穴だとも気づかないままにな。そしてようやく気づいたときには、事はほとんど終わりかけてた、手遅れさ。」
ボロボロになったメガネの、ヒビの入ったレンズの向こうでのび太は少し微笑んだ。 「笑ってくれよ ドラえもん、、、」
天井から滲み出た雨垂れが、途絶えることなく二人の間に滴り落ちる。
「ベーロィ!!のび太この野郎!!」
ヘビのように素早いドラえもんの手が、鉄格子越しにのび太の胸ぐらを掴み挙げた。
「ドラ、、、」
「ドラえもんじゃーねーよーちっしょー!! てめーなんざーのびたじゃぁねーや!!!」
ドラえもんは泣いていた。なす術もなく涙が溢れ出るままに泣いた。
今目の前にいるのは、あののび太だ。すでに死体となったスネオをかつぎ、銃弾の雨を狼のように駆け抜けたのび太、両手にリボルバーを構え、千の軍勢の前に間然と立ちはだかり少しも怯まなかったのび太、いつもドジだが優しかったのび太、メガネをとったら目が33ののび太、、、
まぎれもないただののび太だ。そののび太が今、打ちのめされ傷つき、絶望のままに命を放り投げようとしている。ドラえもんは己の中の凍てついたオイルがのび太の涙とともに再び熱くたぎり始めるのを感じていた。オレはのび太と共に生き、そしてのび太の為に死ぬ。
「おいのび太」 のび太のび太、おお、のび太よ!オマエはやはりどこまでいってものびのび太だ。ドラえもんの瞳にかつての光が蘇る。
「生きたいか?!」
のび太は言葉もなく頷いた。ドラえもんもそれに同調して頷く。
「よし、オレの四次元ポケットをまさぐれ!! 早く!!!」
勝算は無いに等しい。だがドラえもんは、むざむざのびたと死ぬつもりはなかった。せめて、ヘビの喉元にくらいついたまま果ててやる、、、、
「生きるぞ、のび太、、、」
「ドラえもん、、、、」

「なーにやってんだー!!」 獄中に響き渡る声、それは地獄の番人の遠吠えの如く、これからの二人の行く末に待ち受ける果ての無い不幸の始まり告げていた。

「まずい、オメガに気づかれた!!! ドラえもん、どうしよう?!!」
「のび太、オメガは、、、ジャイアンなんだ、、、」

「え?、、、、、」
のび太はメガネを落っことした。 33

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

のび太と同じく、間抜けなオレはまんまとニコラっさんにコンエアーされたということか。

ちくしょう、なんと縁起の悪いニコラっさん、おかげで週明け早々心細い。
今週はもう、良いニュースは何一つとして訪れないに違いないけどまあいいか、人生は残念ながら長い。なのでポジティブにいく。
悪い時には無理に何かを始めようとせず、じっと待機するのがいいと常々思っているので、次の日曜まで出来るだけ活発な行動は控え、普段の何倍増しかの地味さを発揮してモクモクと生きることにしよう。起きて通勤して、帰宅したらほとんど終わりだ。

そして来週こそはオレが最も輝く週に違いない。

神現れた後、去る。  - あらゆるおっさんの姿をした神々の系譜 - 

日輪かつて神々は幾度と無く心清き人々の前に現れ未熟なる子供らをお導きになられたが、オレの前にもあらゆるおっさんの姿を模された神々が現れてはその御印を残し、去っていった。その奇跡の一旦をここに記す。
※セリフなど一部忠実ではありませんが、出来事は事実です



【エピソード1】 
なんばパークスがかつて大阪球場であったころ、おっさんの姿をした神は場内の自販機の右側で精一杯のウンコをしておられ、その後われ等に 「紙あらば差し出せ」 とこう言われた。


ゲートをくぐってすぐでした。いえ、野球を見に行ったのではありません。時間を持て余していた我々は場内催しものの住宅博覧会を見に行っていたのです。最初おっさんの姿をした神は私達に気がついたそぶりもみせずに悠然とウンコを振り絞っておられましたが、やがて振り返り、呆然と立ちすくむ私達にむけて 「紙あらば差し出せ」 と言われました。我々はティッシュを持っておりませんでしたので 「ありません」 と三度答えました。すると神は 「光あれ」 と言いました。その後のことははっきり覚えていません。



以下は詳細は省き奇跡の概要のみ記す。
●かつて実家がメシ屋であった頃、オレの爺ちゃんの姿を模された神は客に出前を運ばせた。
●今日、出勤前のおっさんサラリーマンの姿を模された神は、地下鉄のホームのベンチで歯磨きをなさっておられた。
 
奇跡疲れか、記憶を辿ることが困難になってきた。機会をみてまたいずれ、すべてを記すためにこれに挑むことにする。

宇宙船地球号では僕たちヒトはただのお荷物 

フォルダ整理してたらなにやらサイケデリックな自分メモがみつかったので載せる。

【長いから続きを読むに】

もっと賢そうな文章が書きたい。
関係ないけどこの前書いたドリカムのはつらつソングが心の疲れたオレには辛いという記事をうっかり消してしまったようで残念だなあ、思い出してかいてもつまらないし残念だなぁ。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。