Development

copyright © 2006 Development all rights reserved.
最新の記事




スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ぷーちん君のクリムゾン日記  - 華麗なるロシアの一族 完結-  

新品のブーツを履いてきた鉄平は、その履き心地の悪さから踵にくつづれを起こした。じょじょに速度を落とす鉄平に気遣いを見せる三雲に対し、鉄平は 「高炉建設失敗によるストレスが溜まっており眠れず、慢性的な疲労で並みの速度では歩けない」と、咄嗟にその場しのぎの嘘をつき、自分を取り繕って面子を保った。三雲はその言葉を信じ、涙ながらに鉄平を激励する。
真心の篭った三雲の涙に心揺さぶられると同時に己の矮小さを痛感させられ、鉄平は号泣し、その断末魔にも似た泣き声が山中のいたるところに響き渡った。この事をきっかけに、鉄平は三雲に対する激しい劣等感と、淡い憎しみを抱き始めることとなる。

その頃山の奥深くでは、木々をなぎ倒しながら進む一頭の巨大な獣があった。獣はあらゆる獣の王であり、あるいは獣を恐れる人々にとっての神でもあった。人々は3000年生きたその偉大な巨熊の真実の名を知る術がなかったので、シャーディックと名付け、あらゆる書物にその名を記した。そして神話となった王たる熊は今、湧き上がる憤怒に身を焦がしながら猛進していた。
熊は山を統べていたので、二人の人間が己の領地に踏み入った事を知っており、また、その内の一人が惨めにも泣き叫んでいるのを知っていた。山は熊が数多の猛者と死闘を繰り広げた聖なる地であり、そして熊は王である前に純粋な戦士であったので、戦いを目前に闘志を捨てて泣き喚く無様で軟弱な生き物は、それ自体が死闘を汚す罪であり、許されざる侮辱であった。そして熊は、罪深き愚か者にかける慈悲など、初めから持ち合わせてはいなかった。

いつしか雪が降り始めていた。大雪を巻き上げながら山中を駆け巡る風の音が、さながら魔笛の如く鳴り渡っている。ただしその音色に耳を澄ませば、怒りに狂った遠吠が、誰の耳にもはっきり聴こえた事だろう。山はいつでも奏でているのだ―恐れを知らぬ、戦士の歌 (YouTube) を。

 咲き誇る花は 散るからこそに美しい
 散った花びらは 後は土えと還るだけ
 それならばいっそ 斜めを見ずに
 おてんとうさんを 仰いでみようか
 粗意や 粗意や 粗意や 粗意や
 粗意や 粗意や 粗意や 粗意や

 ― 一世風靡セピア 前略、道の上より ―



途中に色々あり、三雲に対する鉄平のわだかまりもいつしか晴れた。かくして鉄平は再び牙を取り戻し、彼らガストロンガーの絆はより強固なものとなる。ただ、いよいよ悪化するくつづれにこれ以上の狩は無理と判断し、そろそろ帰ろうとしたガストロンガーの前にシャーディックが立ちはだかった。怒り狂った獣の王の咆哮は、まさに雷鳴そのものだった。

ガストロンガーは逃げようとしたが熊に追いかけられたので仕方ないので戦った。が、熊は強く、苦戦した。途中、熊が地面を殴りつけると巨大な爪が凍った大地を深くえぐり取り、削り飛ばされた氷の欠片と土と岩とが恐怖の散弾となってガストロンガー等に襲い掛かったりと色々あったが、彼らはキシャリギャンによる加護を得ていたので、危険なものは全部避けた。しかし勝算が全く見当たらないので、二人して途方に暮れて逃げ回るより術がなかった。そして永遠にも感じられた3分間の切羽詰った攻防の末、 「逃げてばかりでは勝てない」 と、とうとう鉄平が覚悟を決める。三雲ももちろん覚悟を決める。

そして、雪がやんで、なんとか勝った。


 巨熊をほふり、歓喜するガストロンガー達   左 ぷーちん  右 ギバ


スポンサーサイト
[ 2007/04/01 ] クリムゾン | tb(0) | cm(0)

ぷーちん君のクリムゾン日記  - 華麗なるロシアの一族 3-  

ロシアの猟師は皆、15歳を迎えた年の最初の猟の日の朝、父親から銃と、テッドとよばれる獣の名を授けられる。そうして初めて戦う事を許されるのだ。
テッドは山の神に祝福された聖なる獣の名前であり、猟師は山に挑む際、汚れた人の名前を捨て、テッドを名乗って獣となる。獣は人の掟に縛られないので、山のいかなる場所に踏み入ることも認められ、いかなる獣と戦うことも許される。ただし自らの血は自らで拭い去らねばならず、もし拭い切れない血が流れたならば、死んで血と肉を、より強い山の獣に捧げねばならない。そしてテッドの魂は己の血と肉とを食んだ獣に宿り、再び戦うために歩き出すのだ。それがロシアに生きる猟師としての掟であり、また誇りでもある。ただオレはあくまでロシア大統領であって猟師ではないので、あまりテッドには深入りせずに、単純にハンティングをエンジョイできればと思っている。ギバちゃんも昔、これと似たようなことを言ってた気がする。要するに、今が楽しかったらそれでいいのだ。

オレが授かったテッドはテッペイといい、ロシア語でのテッペイ (鉄平) は 「疲れを知らぬ鋼の心肺機能」 という意味を持つ。そしてギバちゃんのテッドはミクモといい、ロシア語でミクモ (三雲) は 「千里を駆ける紅い狼」 という意味だ。そしてギバちゃんは、過去にテッドとして、銃を用いずにナイフのみでツンドラタイガーと戦って勝利し、それを殺したことが称えられ、頭取という称号を名乗ることを許されている。 ― その戦いの際、ギバちゃんは胸と背中に深手を負い、今もその傷跡は消えることはない。
ギバちゃんは血を流し合い、勇敢に殺しあったツンドラタイガーの爪と牙から首飾りを作り、以来ずっと肌身離さず身に着けている。こうしてツンドラタイガーはギバちゃんのテッドの一部となり、彼はその虎による守護を永遠に授かる事となる。我ら山の獣は皆、一つの車輪に名前を連ねた奴隷に過ぎず、奴隷は何も考えず、ただ殺しあえばいい。探して殺して、オレはいよいよ獣になるのだ。この鋼の猟銃が、オレの牙であり爪だ。獲物共よ待っていろ、オレが貴様ら全部、きっと噛み殺してやるからな。さあ始まるぞ、この狩が終わるまで、オレはただ一匹の獣になるのだ。

「さあ、行こう、鉄平君。」
「ああ行こう、ギ、いや、三雲頭取。」

興奮してついうっかりギバちゃんって呼びそうになってしまった。オレの言い損じたのを聞こえたのかいないのか、判別はつかないけど、とにかく三雲頭取は前を向き直る間際にオレに親愛の篭った笑顔を向けた。オレは彼と共に狩に挑めることを心の底から嬉しく思った。









しまった。テッドを名乗る以外にもう一つ、オレたちにはやらねばならない儀式があった。
「ギバcy、、、三雲頭取、忘れていた。オレたちはキシャリギャンの誓いを立てていない。」
「あw ほんとだww」
うっかりしていたオレと三雲頭取は、慌てて車まで戻り、ウォッカを取り出しグラスに注ぎ、そこにこの為に準備してきた羊の肝臓から絞った血を数滴垂らした。グラスに薄っすらと濃い血が滲むと、オレはそれを指でかき混ぜ、血とウォッカが混ざったグラスはやがて血の赤一色となる。 「三雲頭取、マッチを」 オレが言うと頭取は、マッチを取り出し親指で擦って火をつけた。マッチの炎が消える前にグラスに落とし、ジュっと乾いた気持ちのいい音を立てて炎は消えて、グラスの表面に煤が広がる。オレはマッチの軸を取りだし、もう一度指でかき混ぜ、煤を血とウォッカに溶かす。だいたい混ざるとグラスを掲げ、オレと三雲頭取はキシャリギャンを山に誓った。

「ギャンの名の下に、純白の加護を得、山に挑む。」 二人で唱える。
「シェフチェンコの山の王よ、我等テッドのキシャリギャンを受け入れ賜え。
 我らに向けて閉ざされたる門が、純白の下に開け放たれんことを。
 我らの後に開かれたる門が、ギャンの下に閉ざされんことを。」
 :
(略)
「アーチュリンより牙を授かり、ダンディーロより爪を授かる。
 これより我等は、祝福されし獣となった。」

唱え終わると、まずオレがグラスから一口啜り、次に頭取がそうする。頭取が含み終わるとオレはグラスを更に高く掲げ、それを合図に二人同時に口に含んだウォッカを飲み干す。グラスの残りは三度に分け、東の方角に撒き、雪に赤い血の色が散らばる。撒き終わると、キシャリギャンは山の王に受け入れられる。こうしてテッドの仲間はガストロンガーとなり、より強力な絆によって結ばれるのだ。ガストロンガーとは即ち力であり、意思であり、希望である。死とは対極の位置に置かれているのだ。

鉄: 「頭取、飲んだ?」
三: 「いや、ほとんど飲んでないww 鉄平は?」
鉄: 「オレ飲んだよー!ww 頭取もちゃんと飲めよなーww」
三: 「つーかマズイしw 羊の血ってww」
鉄: 「いや飲めってw」
三: 「ヤだよww」
鉄: 「ヤベーってw 掟守れってww」
三: 「死んだら守るw」
鉄: 「ウケルww」

友とはかくも素晴らしきかな。我等ガストロンガーは談笑しながら仕切り直して山に挑んだ。

[ 2007/03/25 ] クリムゾン | tb(1) | cm(0)

ぷーちん君のクリムゾン日記  - 華麗なるロシアの一族 2- 

モスクワはすでに後ろに過ぎ去り、オレの目の前には偉大なるツンドラの大地が延々と広がる。地平線と空とのはっきりしない境に向かって進んでいると、このまま飛びたてそうな気さえしてくる。ああ願わくば神よ、この瞬間が終わらぬように…
僅かに白み始めたロシアの夜明け、ギバちゃんは特に口数も多くなく、淡々と車を東へ走らせ、オレはワイフの淹れてくれた少し濃い目のコーヒーを飲みながら、東の空をぼんやり眺めた。どうやら今日は晴れるみたいだ。

「ガム食べますか、ぷーちん君」 ギバちゃんがブラックブラックガムを一枚くれた。
これはオレに寝るなと言っているのだろうか。まあ助手席で寝られたら正直鬱陶しいもんな。けどいちおうさっきのパーキングエリアまではオレが運転してきた訳だし、それ以前もずっと交代で運転してるんだからオレ的には助手席で寝るのはOKだけども、人それぞれ考えは異なるからな。まあ眠たくないから寝ないけどね、ってかそもそもガムを勧めるということはオレが眠たそうに見えたのだろうか、もっとなんか話したほうがいいのかな。もしそうだとしたら一々そういう事まで強制されるのはオレ的には好きではないし、むしろ話をしたいのならば、したい側から積極的に話題を提供すべきだとオレは思うっていかんいかん、一々細かいことを気に病むオレが、今日はいつも以上に小さく思える。くそ、今日から細かい事は気にせずに、もっと雑に生きてみよう。
よし決めた、ギバちゃんがくれたガムは後から噛む事にし、オレはそれを胸ポケットにしまった。








「いいハンティングになればいいですね」 ギバちゃんは言う。
「はは、たとえシャーディックが現れたとしても、我々だったらきっと殺せますよ」
オレはそういうと残りのコーヒーを啜り、さっき貰ったガムを噛む事にした。こんなに早く噛むんだったらわざわざ胸ポケットにしまわなくてもよかったのになってまたこれか、オレはいちいち色んな事を考えてしまうから疲れるんだよ。もう少しゆとりを持って生きねばいけない。

まあいい、ところでシャーディックとは、ロシア北部の原住民の言葉で、「あらゆる獣の中の王」 という意味を持ち、同時にそれは、今オレたちが向かっているシェフチェンコ山の山中深くに潜むとされる伝説の巨熊の呼び名でもある。 ― シャーディック、ひとたび爪を振るえば一撃で山を吹き飛ばし、その牙は一噛みで50人の勇者を殺す。そして20年に一度里に下りてきては、一夜の内に生きて動いているもの全て喰らい尽くす魔獣、その伝説は語られるだけでもこの300年にも及んでいるが、他の伝説と同じように、未だ誰もその巨熊の実在を証明したものはない。

「まあ、そんなものは所詮ただの伝説です。この手でそいつの毛皮に触れるまでは、オレはそいつを信じませんね」
「ははは、ぷーちん君らしい、とても現実的なセリフだ。」
「ゴルビー仕込みですからね」 とオレが言って二人は笑う。

そして車は更に東へと進み、やがて夜が明けた。

[ 2007/03/20 ] クリムゾン | tb(0) | cm(0)

ぷーちん君のクリムゾン日記  - 華麗なるロシア特殊製鋼の一族 - 

ロシア特殊製鋼に高炉を建てる事ができなかったオレは、最早ただの負け犬に過ぎず、そして負け犬に情けをかける人間など、この過酷なロシアを生きる民の中には一人もいない。
父との争いに敗れたあの日以来、気分が高揚する日がしばらく続いては、やがて何もかもやる気を失くして無気力になる生活が続いている。
これはいけない。自分でもわかっているけど、どうにもならないから辛い。ロシア医学大全によると、どうやらこれは躁鬱とよばれる症状みたいで、今のところはっきりとした治療法はないらしい。それを知り、オレの絶望は更に一層深まった。
こんなことなら知らねば良かった。知らないままでいるほうが、希望を失わずに済むこともある。そして知らないでいることそのものが救いに成り得る場合もあると、オレは学んだ。
ああ神よ、ただ生きていることが、どうしてこれほど辛いのですか…

家に篭っていては尚更気分が沈むから、オレはその日外に出ていた。辺り一面ダイヤモンドダストが舞ってはいるが、その美しさもオレの凍った心に届かなかった。なんてことだ、一体何故こうなったのか、今のオレの心はロシアの凍土にも負けないくらいに冷たく、厚い氷に覆われてしまっているのだ。但しこんなオレにも未だ涙は残っていたのか、頬を伝う涙の滴は暖かだった。
オレは再び、皆と笑いあいながらウォッカを酌み交わすことができるのだろうか。
オレは再び、ロシアの大地に沈む夕日を、その日を幸福に過ごした男の眼で見守ることができるのだろうか。
今はただ、身を切るロシアの風がオレの血と肉を冷たくさせるばっかりだ…。


「貴方もただの腑抜けですわね。貴方のご友人も今に貴方からお離れになるんじゃなくって?
 だいたい貴方、万表家の実印もどこにあるかご存知ありませんのじゃございませんこと? 貴方のような負け犬は、万表家の閨閥には最早必要ありません。」

くそ、高須 愛子の幻影よ、未だオレをあざ笑うのか。奴がオレの目の前に現れたその日から、奴はオレの呪いとなった。ああ、もうオレを一人にしてくれないか。もうそっと、雪に埋もれさせてくれ…

「大統領」 オレを呼ぶ声が聞こえる。振り返ればヤナーエフが立っていた。
今一番顔を合わせたくないのがこいつだ、ヤナーエフ。相変わらず鬱陶しい顔してやがる。用件だけ言ってさっさとあっちにいってくれ。「なんだよ」 苛立ちを堪えてオレは言う。
「お電話です」
誰からだよ要領悪いな、お前それでもロシア副大統領か。イラっとしたけど、もう話す気力も失せてきたのでオレは黙ってヤナーエフが差し出す携帯電話をひったくるようにして奪い取った。瞬間ヤナーエフが軽く舌打したように見えたがざまーみろ、知ったことかよ。何やらぶつくさぼやきながらヤナーエフはさっさとどこかに行ってくれた。気が利くじゃないか、その調子でもうこの先ニ週間はオレの前から消えていてくれたらありがたいがな。
それにしてもオレに電話とはいったい誰だ。もしや高須 愛子じゃあるまいな、いや幾らなんでもそれはないか、いや待て、ヤナーエフがなんかオレに意地悪でもして高須 愛子と繋いだのかも。まあとにかくオレはひとまず電話に出た。 「もしもし、ぷーちんです。」

「狩にいきませんか、ぷーちん君」

「… ギバちゃん?」

電話越しの友の声に、長く心に降り積もっていた雪が溶けた気がした。
見ろ、ダイヤモンドダストは未だその輝きを失うことなく、ロシアの空に輝いているぞ…

(続く)


[ 2007/03/19 ] クリムゾン | tb(0) | cm(0)

ぷーちん君のクリムゾン日記  - 人づきあいに、少し疲れはじめた今日 - 

産まれて来てから、もう随分と月日が経ってしまったけれど、あ
と何十年、オレは朝日を拝むことが出来るんだろう。そう思うと、憂鬱な月曜の朝日でさえも、何故だかとても愛おしくなる。
オレが今こうして見上げているのと同じ朝日を、かつてゴルビーも見上げていたのに違いない。ツンドラの冷たい夜明け、オレ達は今、確かに今日を生きているんだ。

ただしロシア会議が始まると、この新鮮な気持ちも、たちまちどこかに消えてしまう。ヤナーエフが鬱陶しいのだ。
あいつがあーだこーだと逐一口を挟むので、会議が定時を過ぎても続くことなどしょっちゅうだ。というより寧ろ、定時に終わったことなど一度もない。酷い時など、朝9時から開始の会議が昼の休憩1時間を挟んだだけで、夜23時を過ぎてようやく終わった事さえある。これにはリベラル派のみんなも相当げんなりしていたし、ヤナーエフ自身もぐったりしていた。もう意味がわからない。その日の昼休みはあまり時間がなかったので、仕方ないからピロシキを、ヤナーエフのいない所で皆でつまんだ。ピロシキは、オレのワイフの差し入れだった。

「一体おまえは何を考えているのか」 と、その会議の後すぐヤナーエフを叱ったんだが、その事をヤツは今でも根に持っているようで、毎回ロシア会議が始まる前には、「さあ、定時を過ぎると大統領のご機嫌が優れなくなりますので皆さん、発表、意見は手短にー。」 などと言い出す始末。その癖自分は相変わらず長々と抗弁を垂れ、何やかんやと口出しするは、人の揚げ足は取るはと、定時に終わらせる配慮など、これっぽっちも感じさせないにも関わらずコレだ。頭にくる。
もういい加減、オレも大統領として、奴に対して何かしらのアクションをそろそろ起こす頃合なのかも知れないな。ああしかし、もうこんなしょうもない事でいちいちストレス感じたくなどないんだけどな。出来れば本当は奴とも仲良くしたいのに、同じロシアの民として。

…まあ、色々書いてきたけど、オレの方からももう少しヤナーエフに歩み寄ってみようかな。少し意固地になっていた部分も確かにあるし。 ちょっと今日、奴にメールしてみよう。

いつかきっと解かり合えると、オレは信じる。

[ 2007/02/19 ] クリムゾン | tb(0) | cm(0)

ぷーちん君のクリムゾン日記  - なんだか体調がよかった今日 - 

なんだか今日は体調も良く前向きなので、ヤナーエフとも笑顔で話せそうだし、純一郎に 「長い間、待たせてごめんね、、、」と微笑みながら、浦沢直樹著 MONSTER 1~5巻 を何事もなかったかのようにサラっと返すことさえ出来る気がする。
それくらいに今日のオレはしっかりとツンドラの大地を踏みしめ、お天道さんを睨みつけてる。あ、どうもぷーちんです。

すこぶるつきに調子が良いので、いつも心のどこかにわだかまってるイヤな気持ちも今日は無い。毎日これくらい心身ともに健康ならば、きっと世界も違って見えるんだろうにな。健全な魂は健全な肉体に宿るともいうし。今なら誰にも分け隔てなく、優しく接することが出来る気がスルニコフ。そうすればきっと、みんなに与えた恩がオレにたくさん帰ってくるので、オレもいつしか平和に暮らせる事だろう。

けどオレのことだから、この健康もそう長くは続かないので残念だ。どうせ今夜もビールを飲んだり肉を食ったりしながらTVを見、TVに飽きたら最近あみだしたアニマル浜口の動きを模したシコルスキー・モルスコフダンスで肩のコリをほぐし、ほぐれたらヒマなのでワイフにちょっかいを出しては嫌がられ、あるていど嫌がられて満足したら風呂に入ってもう一杯ビールなりなんなり酒を飲んではマンガを読んだりインターネットを巡回し、そして寝る。明日は休みなのでの昼過ぎまで寝るとしよう。

はたしてこんなオレが健康である必要などあるのだろうか。すこし不安になってきました。むしろ今のこの健康さえもなんだか無駄な気がだんだんしてきた。ああ、どうせこんな気分になるんなら健康になどならねばよかった。人間ってむずかしいよね、あーいえばこういうし。ゴルビーもそうでした。

ちょっとブッシュとあってきます。

[ 2007/02/09 ] クリムゾン | tb(0) | cm(0)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。