Development

copyright © 2006 Development all rights reserved.
最新の記事




カテゴリー  [社会生活 ]

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

良日記(ポジティブ) まとめ 

【2007年7月】
色々あったように思う。様々な困難を乗り越え、日々頑張って生き抜いた。良。

【2007年8月】
先月頑張ったので、ほとんど家の中で過ごす。良。

【2007年9月】
つまらない事への拘りから、なにか大事なものを失くしてしまった気がするが、オレはだいたいいっつもそう。良。

【2007年10月】
思い返せばオレには大事なものなど一つもなかった。良。

【2007年11月】
ずっと夢を見て安心してた。良。

【2007年12月】
やたら困難。すこし困るが、やがて克服。
少しうんざりするが良。

【2007年1月】
オレはやったら出来る奴オレはやったら出来る奴オレはやったら出来る奴オレはやったら出来る奴
オレはやったら出来る奴オレはやったら出来る奴オレはやったら出来る奴オレはやったら出来る奴
オレはやったら出来る奴オレはやったら出来る奴オレはやったら出来る奴オレはやったら出来る奴
良。

【2008年2月】
敵がへったが味方もへったよ。良。

【2008年3月】
嫌いな奴らを再確認。いい意味で全部どうでもいい気分。新たな領域、新世界!!! 良。

【2008年4月】
全部一から作り直した。ただし中身は変わってなかった。それがいけないことだと解った。 良?
良。

【2008年5月初旬】
夢から覚めた。産まれて初めて世界と向き合う準備を始めた。良。

【2008年5月中旬】
挫折。
ただし勇気をだしてオレは再び立ち上がる。良。

【2008年5月下旬】
お天道様のでかさに驚く。オレの魂はとても小さく、情けなかった。
それは前から知っていたけど認めたくない認めたくない。
けどいい加減、もうそろそろ受け入れようとし、
「オレは阿呆で小心者です」
これを毎日ノートに書いた。反省しながらじっくり書いた。救われるまで書こうと思った。

【2008年6月】
全ては時代のせいだと気づいた。答えはこれだ。オレは正しい。良。

【2008年7月】
来世に期待。


スポンサーサイト
[ 2008/08/01 ] 社会生活 | tb(0) | cm(5)

我が偉大なる弟とのメールのやりとり 

【弟 6/13 19:05
 最近どうしてる
--------------------------------------------

【オ 6/13 19:09
 普通や 前とかわらず
 急にどうした めずらしいな
--------------------------------------------

【弟 6/13 19:10
 父さんと母さんは元気や 
--------------------------------------------

【オ 6/13 19:12
 なんやねん
--------------------------------------------

【弟 6/13 19:13
 オレは今、電車です
--------------------------------------------

【オ 6/13 19:13
 今忙しいから死ね
--------------------------------------------

【弟 6/13 19:15
 いや 今電車やねんけど、向かいにすわってる学生がめっちゃ
 メンチきってくるから仕方ないからメールしてる
 ムキムキの学生
--------------------------------------------

【弟 6/13 19:15
 空手部かもしれん
--------------------------------------------

【オ 6/13 19:18
 知るか 頭はたいたったらええねん
--------------------------------------------

【弟 6/13 19:19
 ハハw 降りる間際になww
--------------------------------------------

【オ 6/13 19:20
 今やったらええやんけ
--------------------------------------------

【弟 6/13 19:22
 文盲め、数件前のメールをよく読め。ムキムキやねんて。
 まだ見てる。見てる気がする。ぶっちゃけ降りたい。
 動くと、やられる。
--------------------------------------------

【弟 6/13 19:26
 文盲っていって ゴメンな
--------------------------------------------




【オ 6/13 19:59
 おい さっきのどうなった
--------------------------------------------

【弟 6/13 20:03
 もう電車降りた 今トンカツくってる
 ロース
--------------------------------------------

【オ 6/13 20:03
 死ねよ うざい
 お前との縁をきりたい
--------------------------------------------

【弟 6/13 20:08


--------------------------------------------

【オ 6/13 20:08
 小泉ww
--------------------------------------------

【弟 6/13 20:09


--------------------------------------------

【オ 6/13 20:10
 お前を誇りに思う
--------------------------------------------

【弟 6/13 20:14
 うむ
--------------------------------------------

【オ 6/13 20:14
 またな
--------------------------------------------

【弟 6/13 20:15
 おう




ちっちゃいときは可愛かった。

[ 2007/06/15 ] 社会生活 | tb(0) | cm(0)

異性に好かれたい 

【質問】
モテたいんだが、今までそれが叶ったことが一度もない。どうしてだろう、一先ず見た目の事は置いとくとして、他にもなにか良くないところがあるんだろうか見た目以外に良くないところが。

身に覚えがまったくないから解からないんだ。
改善点も見つけられない。どうにもならない事なのだろうか。

気の付く限りで女性に気配りしながら生きているんだ、モテない筈はないんだけどな。ウンコの後にも注意している。なるべく女性の前を歩かないよう気をつけないと、ウンコの直後に女の人の前を歩くと、残った匂いが薄っすら後を引いてやしまいか、いっつも不安な気持ちにさせられるんだ。
いちおう毎回拭いてはいるけど、何も確かな事はないんだからね、やはりちょっぴり不安な部分が残ってしまう。おまけにボクは、ウォッシュレットが苦手なんだよ。皆がそうだといいんだけれど。だってノズルが汚れていたら、水に混じってその雑菌がお尻の穴にも命中するだろ? それならウンコのほうがまだマシだろうと思わないかい? 便所の水は臭いし菌も涌いているから不潔なんだが、君は解っているのかな…


ああそれと、弟なんだが、奴はやたらと女の子には人気があるから心配ないので、ここから先もボクの事しか話さないけど問題ないよね。



便所の話しをしていた筈だが、シャツの裾なら心配ないんだ、うっかり便器に浸かったりは流石にないよ。だけど後ろは見えないからね、じゅうぶん注意はしないといけない。それでもシャツが気にかかるんなら普段から茶色のシャツを着てればいいけど、生憎ボクの茶色いシャツは長袖なんでね、あるにはあるけど、それを着るには季節が少し暑すぎるんだ。それにたとえ茶色を着ても、匂いは後から来るからね、やはり注意をするしかない。常に背後を気にかけないと、知らない間に背中の何処か下のほう、見えないところにウンコ付いたりしてないだろうか、もし付いてたらボクは終わりだ。いつもだいたい軟便なんだが、話の主題はウンコそのものだったかな、最初は匂いの話をしていたように思うんだけどな。


どうでもいいんだ、ウンコの後のことなんて。大事なのは最中なんだ。何を食べても軟便なんだが、それについては話したくない。ひとまず便から離れてみないか。ただでさえ素敵な容姿じゃないんだからね、あくまでウンコにこだわって、見苦しさを強調するのは極力避けたい。君が不快な思いをするのは本意ではない。けど病むを得ない場合も必ずあるだろ? そしたらやっぱり気をつけないと、後ろのレディに失礼だろうと思うんだ。

だからボクは、トイレのあとは極力女性の前を歩かないよう心がけてる。

だけどモテません、何故ですか。


[ 2007/06/01 ] 社会生活 | tb(0) | cm(0)

修羅が騒ぐ 



上の図が事実であるのは昨日書いた通りです。

「女性陣にまじって食べればいいのに」

と言ってくれる姫がいたので、実際いったらどうなるか、検証してみた。




危うく騙されるトコだった。

[ 2007/05/25 ] 社会生活 | tb(0) | cm(0)

最初に好きになったんだ。 


先月末に開催された社の飲み会で、何か間違いが起こり仕方なくオレの隣に座ってしまった、清楚で小奇麗な女性先輩社員が少し酔い、うっかりオレに話しかけてしまっていたので気の毒だった。

なんだか可愛そうになり、暫く相手をしてやってたら、だんだん彼女を好きになり、なんだか名前の知らないカクテルを彼女が全部飲み干す頃には、世界中からその人意外は誰も居なくなっていた。
柔らかそうな彼女の頬は酒のせいで薄っすら朱く、大きなネコ目も意地悪そうでとっても可愛い。笑えばなおさら最高だった。できれば明日、彼女の寝起きの顔が見たいと思った。

すっかり恋に捕まって、ぼんやり彼女の大きなネコ目を見つめていたら、「君は社内で誰が一番好みなの?」 と彼女が聞くので、躊躇う事無くオレは 「貴方です」 と答え、翌日二人は結婚し、その後2人の子供を授かり、末永く幸せに暮らした。





やがて60年が経ち、オレは妻の最後を看取る。

「おい死ぬなよ、オレを一人にしないでくれよ」
「困った人ねw いつまでたっても子供みたいw  ほら、みんなも笑ってますよw」
「死なないでくれよ、ミー子の餌はどこにあんだよ!!」
「流しの下にしまってあります。窓側から二番目の戸棚の奥ね」
「…っ二番目の、戸棚の奥だな?!」
「窓側ねw  ねえもう泣かないで、そんなに悪い気分じゃないのよw」
「、、、、わがっだっ!!(泣声)、、」
「ミー子ちゃんの世話お願いね」
「しんぱいすんなっ!、、」
「時々トマトをあげて頂戴、赤いとこだけ。あの子、トマトが大好きなのよw」
「…そうだったんだっ! じらながっだよ!!」
「いっつも16時前には帰ってくるから、台所の窓、少し開けておいてあげてねw」
「わがっだっ! きっと開げどくから死ぬな!!」
「ふふw 最後まで楽しかったわw」
「、、っ!!、、」
「アナタ? ワタシ、ずっと幸せだったのよw ありがとうw」
「由美子っ!! いやだっ!!!」
「みんな、この人の事、お願いねw」 「じゃあ、アナタ、逢いにきてねw」
「由美子っ!!」


その後オレはミー子と一緒に踏ん張って、それからなんとか10年生きる。その内ミー子が先にポックリ行ってしまうものの、家族がオレに優しくしてくれるので、オレは毎日幸せだ。やがてそろそろ体も色々疲れてきた頃、皆に囲まれ、由美ちゃんみたいに幸せそうに死にながら、オレは由美ちゃんと、ミー子に逢いにいくんだろうと思う。


と、妄想しながらオレは宴会の間中、一人でシシャモを8匹食べた。 
本当はね、少し酔った女性先輩社員が、「社内で誰が一番好みなの?」 と順番に男性社員に質問していき、最後にオレも尋ねられたので、「オレです」 と正直に躊躇うことなく答えたら、即座に会話は終了し、その後2分も経たないうちにオレの周りに誰も人が居なくなり、お陰でビールもワインも手酌でどんどん飲み放題!! そんでシシャモもがっつり食べたんだけども由美子て誰や!!

宴会での男の価値はな、その場で食べたシシャモの数で決定すすすっぅぅううればいいいのにぃぃぃぃぃぃいいいなぁぁぁあああああああ!!!!!!!!!!!(本シシャモと代用魚) ?!

、、、え?


前世できっと、オレは何か大変な事をやらかしたんだと思わせてくれ。

[ 2007/05/17 ] 社会生活 | tb(0) | cm(0)

思春期の頃、買ってもらったRADIOが壊れかけてる。 


今日は豆電球を消さずに会社に行ってたみたいで、家に帰ってきたら部屋の豆電球がつけっぱなしになっていた。

「あれ、今日は豆電球を消さずに会社に行ってたみたいだ」 と、少し電気代をもったいなく感じたけれど、真っ暗な部屋の色んなものが、今朝消し忘れた豆電球のオレンジ色にぼんやり滲んで見えたので、「ああ、いけない。今日は豆電球を消さずに会社に行ってしまったんだ」 と、少し電気代のもったいなさを噛み締めつつも、今にもゆらりと揺れだしそうな、部屋の中の色んなもののオレンジ色を、束の間ぼんやり眺めていたら色々感じた事がある。
 
思春期にオレは大人になったけど、少年から変わったところはどこなんだと問われたからには答えてやるが、いっぱいあるぜ、外見だけでも、変わったところはいっぱいあるぜ。
色々増えたし、生えたよ色々。

まあいいや、生々しいから具体的には止めとくよ。

……
もうすぐ明日がくるけども、明日には何も、悪いことだけあるんじゃないし、なにが起こるかわからないので、朝にはきっと、鼻歌交じりで電車に乗ろうとウキウキしながら再びぼんやりオレンジ色を眺めていたら

「お前をあの日に連れ戻してやる」 

と、壊れかけのオレのRADIOが言ったので
スイッチをいれたら聞こえてきたのは、やはり破滅の音だった。


[ 2007/04/17 ] 社会生活 | tb(0) | cm(0)

兄、魔道に道を踏み外す。 



最近のオレはなんだか心が広いので、以前は憎くて仕方がなかった社内の汚泥のごときあの畜生とも、今は無理なく笑顔で接することが出来ているので正直、戸惑う。

かつてないこの心境に、どうしていいのか解からなくなりつつあるオレは、今一度、我が身から損なわれた己の器の小ささやヒガミっぽさや憎しみなどを取り戻すべく、今後はあえて、過ち多き道を進んでいこうと今、決めた。進むべき道を見失ったときは原点に立ち返るのが最も正しい。わりといろんなメディアが声高らかにそれを説くので間違いない。闇雲に前進し続けて道を踏み外し、奈落に転落するのはまっぴらごめんだ。オレの父親は、オレをその手の馬鹿には育てなかった。
「ハイル、ファーザー」 ― 今なら誇りをもってそう言える。貴方の教えがなければ、オレはいっつもニコニコしながら奴と接してしまうとこでした。

ところでオレの弟も、親父に感謝しているだろうか、兄としては気がかりです。あいつは意外と不器用で、時には事を頑張りすぎる面もある。ただ弟よ、お前が必死で頑張る姿は、あんまり頑張ることをしないオレには時に羨ましくもあったんだ。元気でいるか、弟よ。お前は昔、サッカーしてたね。球、蹴ってたもん。いやキーパーだっけ?ちがうよね。球蹴りながら走ってたしね。つかキーパーしててもしていなくても、サッカーしてる事には違いないよね。




……
兄弟って素晴らしいけど、あくまでオレは、道を過る事にした。

数多の罪の内から最も重い罪を選び、差し出された罰の内から最も軽い罰を選んで許しだけは必死に請うて生きていこうとオレは決めたし、義務を果たさず権利ばっかり主張してやり、決して汗はかかずに楽する事だけ考えてやる。そしてまた、あらゆる不幸を人や社会のせいにして、オレより不幸であったり弱い立場の人間をあざ笑うことで自分自身を慰めてやる。他にも色々決心したが、たった一人の兄弟である弟とは今後も仲良くしていきたいし、家族は大事にしていきたい。久しぶりに実家に帰るか。
父さん今度、酒でも飲もう、3人で。少し高い酒を買って帰るよ。

みんなも家族を大事にしなよ。

[ 2007/04/14 ] 社会生活 | tb(0) | cm(0)

等身大のオレ、赤裸々白書 - オレにだけ冷たい世の中にツバ - 

世間があくまでオレに冷たいことが理解できない。どうしてみんなオレに優しくできないのかと、毎日オレは、奥歯で悔しい思いを噛み潰す。イヤなこともオレにだけ毎日降りかかるから正直まいる。

帰りの電車で一日を振り返り、その日起こった全ての事に理由を当て込み、色々検証してみたところでオレに落ち度があったことなど、今までただの一度もなかった。
非がある所は必ず同期のあいつであったり、上司の誰かであったりするのでオレは歯痒い。

目に余るほど世がオレに対して理不尽なので、やり場のない怒りに内心オレの心は毎日煮えたぎってはいるものの、怒りは何も産み出さないのを十分心得ているオレは、怒りを憂いに転換するべく静かに目を閉じ、世間の悪意をこのか細い両手で全て受け止め、罪深き盲しいた彼らの罪を許す。罪を憎む事があっても、人を憎んだら駄目だってオレのパパが。そうしてオレは慈悲の心で己を癒し、安心を得る。我が家では先祖代々そうして人を許してきたのだ。
オレはそんな心の広き一族に生まれたことが誇らしい。父母、祖父母らに感謝の日々だ。そうしてオレはご先祖さまの加護を得るのだ。


電車で大方の罪を全て許し、やがて安息の我が家に辿り着いたらジャージに着替えて座椅子に腰掛け、仮眠を取る。そうして30分ほど寝てから起きたら必ず腹が減っているので御飯を食う。んでだね、その後ゴロゴロしつつ、時々なんやかんやとだらだらしてたらほとんど夜も終わり近くになっているので、ちょっと無理して布団から起き、他にもなんやかんやと怠けた事を幾つかしてから歯を磨いて、オレは寝る。で、起きたら朝になっているので眠いったらない。

目覚めの直後、今日も働きに出ねばならない事を思い出してはついつい舌打ちするのが朝の日課だ。こうしてオレの一日が始まる。
まあ概ね目覚めた時点でその日の内の6割近くはオレの中では殆ど終わっているも同然なので、あとはいかに地味に、そして穏便に日中過ごすかにかかっているのだ。屋外で、無駄にエネルギーを使ってはいけない。これは長年大阪砂漠の喧騒を一身に身に受けてきた末に、オレが纏った自衛の為の衣であるのだ。


一見するとだらけていそうなオレだけど、いざ何か事に挑めばオレは立派にやってのける素質があるので、普段はゆとりを持って暮らしていても問題ない。一切ないのだ。最も肝心な魂の部分でオレは全ての事柄を踏まえ、それに立ち向かうべき覚悟を持って生きているのだ。

その内やるよ、オレは何かを。
いつかでっかい何かを成し遂げるよオレ。


世間がちっともオレを理解してくれないまま、オレは今年で29になる。

明日からは頑張ろうと、今すごく思った。

[ 2007/04/05 ] 社会生活 | tb(0) | cm(0)

埋められない、女子社員との Distance  

実はオレは変態ですので、その気持ち悪いのが内面だけにとどまらず、服とか髪とか、最早歩くオレそのものが恥部の塊みたいな変態オーラをかもし出していますので、普段は部屋の隅っこでジットリ爪を噛んで女性を眺めるくらいで満足するより仕方ないです。

そんな風にいろんな部屋の隅っこに己の居場所をこしらえてきたオレだけど、いつまでも真人間に対する劣等感を抱きながら、物欲しそうに女の人を影から眺めるだけではいよいよ陰気も極まりアレだ、と思ってとうとう奮起し、ここにもちょくちょく出てくる社でも人気の小鳥のように可愛らしい事務のあの子に勇気を出して 

「やあ、今日は昨日と違うパンスト履いてますね w (裏声)」 

と言ってみたらば、健気な彼女が精一杯の歪な笑みを浮かべたまんま束の間固まる様を観てオレは己自身がとうの昔に終わっていたのをようやく悟った。
みんな、出会ってしまってすいません。

けど痔も治り、陽気だったので、それでもオレはニタニタ笑っていたっけな。
おケツが健康って素晴らしいよね!!
これで思う存分おケツを擦ることができるってもんよ。
砂利でもヤスリでも持って来い!!


ところで、社のオッサンとオレとでオレのおケツの腫れ物の話をしていた際、二人しておケツの穴の事を 「おケツの入り口」 「入り口」 と称していたのでハッと我に帰り、 「いや出口」 「おケツの出口だ」 「何言ってんだ」 と、互いに顔を薄っすら朱に染めながら照れ隠しに声を荒げる場面もありましたが、とっても気持ち悪かったと思います。周りに女子社員も結構いたので今後どうなるか知れたものではありません。

けどおおむね、こと女性に関してオレに怖いものはもはや痴漢冤罪くらいで他はどうってこともありませんので、これ以上彼女らの間で下がる評判もあるはずがなく、あとはセクシャルハラスメントで糾弾されて解雇か逮捕をまつばっかり。もうなんでもかかってくればいいのにとさえ思います。もっと小気味良い変体になれたらなあ。


今日もいたって普通の日だったけど、何故だか負けた気がしています。

明日は勝つ。

[ 2007/04/04 ] 社会生活 | tb(0) | cm(0)

エロ本が外れだったががんばったあげくに抜け殻に 

パツンパツンのキンコ玉を解放しようと久しぶりに買ったご本が大外れだったが結局キンコは炸裂し、オレの心とキンコ玉は今ではすっかりすっからかんだ。
なんとも物足りない一度目を終えた後すぐオレは、よせばいいのに二度目はきっと幸せになれる、とこんなときだけ湧き上がる持ち前のアグレッシブさを惜しげもなく発揮した。けどそれがいけなかった。二度目を駆け足で終えた今、もし誰かに 「今後どうなりたいか」 と問われれば、オレは迷わず 「案山子になりたい」 と答える。案山子になって害獣共から皆の穀物を守ってやるよ。イカ臭いかもしんないけどなって知るか、このっ! 黙ってオレが守った米を喰ってろ!!

…つまらん時を過ごしたおかげでそろそろ今日も終わってしまう。明日のオレと今日のオレとで異なるところはせいぜい下着が替わっているのと、キンコにやや張りと艶がないくらいのもんだろう。その下着のパンツやグンゼのシャツですら、オレが一昨日履いてた下着と同じやつだし。だいたい二着をローテーションで着回している (いっておくが洗濯はしている)。どちらにしても明日もきっと今日と大きく変わりはすまい。まあいいけどな、オレは今後もグンゼのシャツと3枚1000円のごわごわしたトランクスに包まりながらあんまり変わらぬ日々を過ごすさ。

こんなにぶつくさいいながらもオレはきっとあと30年ほど生きるだろうけど、ついに死んだら何処でもいいから夕焼け見えるところに埋めてくれたらそれでいい。死人に口はありませんので文句なんか言いませんとか言うけどむしろ、オレが死ぬとき隣に誰かいるのか心配だけどもまだ来ぬ明日を憂いた所でどうにかなったためしがないので今日の所は寝るしかないのか。

最後に溜めてたキンコ玉にはほんとにすまないことをした。もうオレは今日は寝る。


[ 2007/03/09 ] 社会生活 | tb(0) | cm(1)

勤務先の女がメンチをきってくるから困る 

この前給湯室で自前の湯のみに茶を酌んでたら、たまたま先にコップか何かを洗っていた、面識は無いけどやたらノリの軽いことで社内でちょっと有名な30過ぎの子持ち力士みたいな女に突然オレがふられてしまった話がはじまるよ~



毎度毎度の休憩時間に決まってお茶が飲みたくなるオレは、その日もお茶を酌むべく給湯室まで歩いていった。途中すれ違うどっかの部署のえらい部長に必要以上に道をゆずって、組織に対する忠誠心を露骨に晒す。部長が去るまでオレは笑顔で、ただしあんまりニカニカしてると馬鹿なので少し斜めを見ながらはにかむように笑ってみせた。こういう細かい努力を見てないようで上は見ている。
「誰もこんなこと教えてくれる先輩なんて実際問題いませんけどねー最近は、渡世術ってゆーのかなー。だからできてない若い子のほうが多いかな? けどそれができるかできないかで今後の評価も変わるんだけどねー。」
まあオレはそのてんきっちりふまえているのでオレの評価はオレの中ではかなり高いし、今後も下がることはまずないだろう。

ところで、給湯室では例の女性が先にコップかなにかを洗っていたから、後から入ってきたオレは 「あ、おつかれさんです」 と挨拶した後、誰にも何もはばかる事無く堂々と、己の湯飲みに己のお茶を注ぎにかかった。労働中の茶の美味さをしるサラリーマンならではの卓越した注ぎ方でもってそろりそろりと茶を酌むオレに、一体どんな負い目があるだろう。ないよどこにも、あってたまるか!!
こんな風にどこにも部長がいない場合のオレは正に歩けばコレ即武道、目には精気ほとばしり、怒髪天を貫く悪鬼の如し。オンナコドモや自分より背が低くて筋肉が無い奴には容赦しない益荒男なんです。とにかく昔、オレは悪で有名だったという事だ。

けど流石に、そのまま用事がすむまで二人して黙っているのは気が引けたので、 「花粉すごいですよね」 を切り口にオレが話して暫く会話が続いていたから油断してたら知らない間にオレは話す機会を一切奪われ一方的な聞き手と化し、知らない間に突然別れを告げられた時の彼女のセリフはだいたいこんなの↓。

女:「ずっと (オレ) 君のこといいなと思っててーw
   あ、彼女いてるの知ってるけどね (ハート)
   でも私も彼女になれたらなって思ってたのにーw
   けど私のことぜんぜん見てくれてないしww
   一人で好きでいるのも疲れてきたし、辛いからもうあきらめるww
   …(急に神妙)でもこれからも普通に職場仲間でいてほしい…」

って知るかバカ。
書きながら思い返すと、この女性はなんとも一方的な事を言ってるうえに、なんだかオレが軽んじられている気がしてきたのでオレはなんだか怒ってきたけど特別何かをするではなくて、ムラムラ湧き出す怒りを他のあらゆる感情をそうするようにグっ堪えて、オレは一生懸命なにか違った楽しいことを思い出そうと今必死。
そんなこんなでオレのちっぽけな心は燃えて、誰に何を言われようとも不倫だけは絶対すまいと心に誓って湯のみを置いたと、そんな事があったんですよ。
結局給湯室では 「マジっすかww」 とか言ってやんわり流してその場は終わった。



んでですね、まだ続くんですけどね。
ふられたその日、最近買ったMP3ウォークマンで METALLICA 聴きながら 「METALLICAに入りたいなー」 とテクテク駅まで歩いとったら気配を感じてムッ!っと思って振り返ったらば例の女がオレの後ろをぴったり歩いて付いてきていた。もう意味がわからない。
「やー (オレ) 君~、ぐーぜーんww 私も今日こっちに用事あるから一緒に電車で帰ろうよw」
だとか言われてうざいというより怖くなったからたまらずオレは会社に財布を忘れたことにし走ってとにかくそこから離れた。それでなんとか回避したけど翌日からは顔をあわせばその人は、凄いメンチを切ってくる。左上の亀田の大毅か和毅みたいに凄くは無いけどきってくる。

なんか、とっても貴重な黄金体験できました。まあ今の勤め先は不倫が頻繁に行われているので結局その人も社内で他の男にアテがあるから今後はそっちで遊ぶんだそうですけどもどうでもいいよほんとそんなの好きにしてろとオレは言いたい。ちなみにその人はカリン様を横にミュンと広げた感じの力士です。

終わり、いや続くのかな? まあ終わりって今日なっげー! 文章なっげー!! …

終わり

[ 2007/03/06 ] 社会生活 | tb(0) | cm(0)

緑ペンキのあの山を真っ赤に染める範馬の血 

「ちょっと組織、改革してよ。」 ってある日社長に言われたから
には、ようし目に物見せてやろうってんで、まあ難しいこと解かんないからとにかくなんでも壊すことから始めてみるか、と部長は改革の一歩を踏み出し、それから二年をかけて組織にとって不要なものを少しと、必要なものをずいぶんたくさん壊したうえで彼は去年の夏に組織を去った。今は二年前に戻るべく全社一丸となって頑張ってます。

無くしたものは二度と戻ってこないので空いた穴を別な何かで補おうと人はするけれど、結果得られるものはやっぱり求めるものとは違っているのでだいたい人はガッカリする。
かつて雲南省でも、山に失くした緑を取り戻そうと、約10人の人々が20日以上を費やしてせっせと緑のペンキをぶち撒けたのでなんとか見た目は緑を取り戻した (ではごらんいただこう) (もう一枚) (これも) (さあこれも) けど、どうにも緑が濃すぎたので世界中がガッカリした。あとほんの少し黄緑色が混ざればよかったのにな。

ところでこの塗りたくられたペンキだけども、除去することはもう不可能だというから最悪だこれ。雲南省のこの緑のペンキ色した山は、今後崩れるまでずっと緑のペンキでテカテカし続け、山が崩れる前に人類は死ぬ。このアホらしさは最早とっくの昔にやり飽きているマリオカートを一人プレイで延々逆走するのにどこか似ている、と呂布の子孫も申しておったということじゃ。


呂布: 「陳宮!! 赤兎馬をひけぃぃッ!! それと方天画戟もってこいーーーっっツ!!」
陳宮: 「ぎぎ、御意ーーーーーッ!!!」
軍 : 「ウオオォオォォォォオオオオオ雄雄雄雄ッ!! リョーフ! リョーフ!!!」
勇次郎: ザザっ … 
呂布 : 「む?」
勇次郎: 「蛇ッ!!!」
呂布軍壊滅的被害
勇次郎: 「エフッエフッエフッ!」
呂布 : 「むむむぅ・・・」

(続きません)


[ 2007/02/20 ] 社会生活 | tb(0) | cm(0)

アフィリエイトの鬼と化したオレ、とうとうグリコをプッシュする。 

グリコのおもちゃ ポストカードグ リコをプッシュすると言ったからにはグ
リ コ製品のことを書くのが最もだけど、あんまりにもグリ
コ グリコ言ってたらアフィリエイターの名折れなんでとりあえず政治のこと
か ら書いていってみようかな。
え ーっと、まあ、はじめようか。根気づ
よ く読んでね。
な がくなるかもしんないけどさ。

税金がどんどん上がるわりには去年の夏冬2回のボーナス合計額が632万円で平均月収130万円、年収およそ2200万円 (グリコ 2700箱分 (適当です)) の国会議員がいろいろ優遇されてて腑に落ちないけど、それが一体どうしたっていうんだろう。
たとえば彼らは民間相場60万円の議員宿舎に自己負担5万円で住んでるけども、それが一体なんだっつーのだ。そんで他にも何やらいっぱい特権付いてる (ではごらんいただこう) みたいだけども、それが一体どうしたんだよ、いったいアイツラなんだってんだ。いつも偉そうにばっかりしてると折れますよ天狗の鼻がその内ポキッと折れなきゃいいがな【ポッキー】みたいにッ!!


まあいいさ、さっきチョコを食ったオレの脳にはブドウ糖がたんまり充填されているから大変リラックスしている状態にあり、そんな瑣末なことではグリコざること (動かざること) 山のごとしよ。

けどこれが、ブドウ糖不足状態だとこうはいかない。
だってブドウ糖を補給しようと脳が肝臓のグリコーゲンを分解してブドウ糖をつくろうとし、その際に発生する攻撃性ホルモンのアドレナリンが体内に蔓延してイライラしてたろうからだ。
なのでチョコ食っといて本当によかった。与党も野党も好きにやってろ。なにやってるかは知んないけども。ちなみにチョコは自分で買ったグリコです。まさしく侵略することグリコ (火) の如くってしつこいですよねスイマセン、気にいっちゃって。もう今日はエンリケが締めます。



エンリケ: 「グリコのおかげでこんなに背が伸び、よい職場にもありつけましたし彼女もできて毎日寝てても月30万円入ってきます。お前のひどい口臭も少しはグリコが抑えてくれます。全部グリコのおかげです。それではみなさん、 デ ・ コスタミーラ ・ ディエ ・ アウロベルデ ィエ (お前に友達いないのは全部遺伝のせいだから) 」






[ 2007/02/16 ] 社会生活 | tb(0) | cm(0)

【憎怨】 … バレンタインでよかったですね各々方は … 【憤激】 

今週のオレはいったいどうしたっていうんだろう。なんだか床にこぼれた牛乳を拭いてそのまま3日間放置した雑巾を、胃袋にギッチリ詰め込まれてるみたいに気分がどうも最低だ。
なにやら頭がボンヤリするし、顔の筋肉も強張ったままほぐれてくれない。ただでさえ表情が乏しくて困っているのにコレだもの、最早バレンタインどころじゃないだろ実際問題。こんなにも大頬骨筋ガチガチのオレが誰かにチョコを貰えるはずも無いので一つも貰えませんでした今年もまたもや。いいよあんな茶色い甘いの。

先週まではけっこう気楽に楽しく暮らしてきたのに、いったい社会はオレからどれだけ何かを奪っていけば済むというのか、そしてオレはなんでもかんでも社会のせいにしょっちゅうするけど、具体的には社会に何を奪われているというのか、答えてみせろッ! そうだな ……… 税?

まあ、とりあえず顔筋ほぐすか…
グッグッグー … グッグッグー → ■ 表情筋トレーニング①~⑩

あぁやれやれ、次第に顔面の様々な筋肉がほぐれるにつれ、心の靄も晴れてきたかな。
まあなんだ、気が乗らないときにはそのままうっちゃっとくのがいつものオレのやりかただけども、これをこのまま放っておいたらなんだか元いた場所に戻れなくなる気がするから今回は早めに手をうっておくことにしよう。つってもどうしようかなーと迷うんだけどもこんなときは誰かの格言を引用でもして、おりこうさんのフリでもするかな。





















魔沙斗:「みぞおちに突き2発、うなじに手刀1発か …」
サタケ:「それだけじゃない、こめかみに肘が23発、おまけにカリフォルニアに、核3発だ …」
魔沙斗:「 no more War … 」

[ 2007/02/14 ] 社会生活 | tb(0) | cm(0)

ムシャクシャするので君を罵りしつつ深海魚保護をうったえる 

でっかい機械でなんでもかんでも捕獲しまくってきたのでいろんな鳥や獣が滅んだけども、これからはクローン技術が発達するのでそんなことは問題なくて、もうすぐ【クローンハラミ ¥20円/100g】 の時代がやってくるのか?
そうなるとクローンホルモン焼が天下茶屋の高架下では売られクローンモツ鍋が流行り、それ作ってるヤツもクローン、隣で食ってるヤツもクローン、みんなクローン、なんでもかんでもクローンクローン。君みたいな劣性遺伝子は除外して全てクローン。
あ、でもたとえ君がクローンだったとしても、オレは君と一緒にご飯は食べたくない。


しかしそんなことよりも待て、君よ待て、気付け。 鈍いな。
でっかい機械で獲り過ぎるので今日も深海魚は絶滅してるぞ 。
■ → 深海魚 絶滅の危機 トロール漁影響
もちろん君は知らなかったろうから教えてやるけど、なに気にするな。誰も君にはハナっから期待なんてしてないよ。
それじゃオレはこれから締めに入るから、そっちでゲームでもやってれば?

かつてちっぽけで、今はちっぽけながらも無茶ばっかりする悪い人類丸出しの君のような人間は、ついつい森羅万象の神威を崇める気持ちを忘れておごり、たかぶる。
「駄目だよおごり、たかぶっちゃぁ」
と、おごったアホな君に警告すべく、神がその姿をお示しになられたのがたまたま君の薄汚い虫歯を写したレントゲン写真だった (ではご覧いただこう) としてもだ、君はとにかくゲームしてようが漫画読んでようがなんだろうが、どうせ汚くてクッセえ服しか持ってないんだからとにかく即座にひざまずき祈れ、即座にだ。むしろ床を君のズボンでピカピカにするまでずっとひざまずいて祈ってろこのポンコツ野郎。
さもなくば虫歯が悪化して歯茎が壊死し、血管から混入した虫歯菌が脳に達して君は死ぬ。

まあ君が死んでも、死んだ魚は一匹たりとも帰ってきやしないがな。
それでも今後、君が食うであろうぶんの魚は少なくとも助かるわけだ。まあ君にはあんまり興味ないから別にいいや。 もう帰れよ。

[ 2007/02/07 ] 社会生活 | tb(0) | cm(0)

吐き出せ! エゴグラム診断テストで深層心理をこの際!! 

「なんかオマエ見てたらムカムカする」 って言われたことは、みんなもあるよな? 心配しないで、オレも少なからずある。
まあそんなこと言われてもね、「じゃあ見るなよチンコ野郎」 とでも言おうものならその10倍の暴言と、さらに数発の理不尽かつ強力な暴力であっというまに教室の床にはいつくばり、涙の滲んだ苦いホコリをジャリジャリ噛み潰す目にあうので、お利口なオレはいつでも 「へへ…カンベン ww」 ってマっ君に言っといた。

さて、思い出はもう沢山。人生は6対4で辛いことのほうが多い。けどもみんなに人気の事務のあの子が 「4は良いことあるんですからw」 って、ニッコリ微笑みながら誰かに言っているのをオレは影からこっそり見ていた。ああなんて、なんて可愛い子なんだろう、もっと微笑みかけてくれ誰かに。オレは影からこっそり見とくから。ああ畜生可愛いあの子め、オレはあの子を暴きたいから暴いてやろうか妄想でもして。。。。。。


「やあよくきたね、こっちにおいで早く!! うんそうだ、そうしてここにお座りなさい。
 そうその椅子だ。そのクッションも使うといい。
 ところでどうだい、そのクッションは? 
 まるで見た目がナマコのように、艶やかだろう? ……… ッん、、、!!
 
 … ああ、ああそうだね、ちょっとボク蒸れてきてるねゴメンね許してね。
 ああうんそう、そうそれからね、出来るだけ腕をピンッ!と伸ばしてその滑らかなボクのマ
 ウスを取りなさい。さあやってみて、さあマウスをピンッ!っと、、、
 もっと、そう、うんもっとピンッと、そうですそう、非常に、、非常に良い!!
 
 あ? うんそうそう、そう伸ばしてね、腕ピンッ!と伸ばしてそのマウスを下からそうっと摩
 るようにホラ摩るように持つホラ、  持つ!!
 ああいいぞ上手いですよ非常に。ああそこでホイールなんですけどそのテカテカしたボク
 のマウスパッドの上でホイールをコリコリしてください、そうです、そうですそのホイールで
 すはい、いいですよ、いいですよはいそうです非常に、非常に、非常に良い!!
 ぅんッそして今度はそれ、それそのURL、URLをそうソレ、↓のね…
 ■エゴグラム診断テスト → http://www.egogram-f.jp/seikaku/
 押してみてそう、押してーいいぞいいですよーはいそうです非常に、非常に良い!!
 。。。。。。
 

もう自分で自分がわっかんねーよ!!
もうそんじょそこらの暴きっぷりとは役者が異なる。もう隠していること思っていること、普段考えてることお前の恥ずかしいとこ暴いてやるから全部出せ! というのがエゴグラム診断テストというんだよ。みんなもどうせ自分を見失い勝ちだろうから一度やってみるといい。

[ 2007/02/06 ] 社会生活 | tb(0) | cm(0)

組織が歪みまくっているから係長が千切れそう 

Be Happy―イルカとうたたねもうかれこれ6500万年くらいの間いろんな手段で地球を引っ掻き回してきたボクたち人類、遺伝子レベルでちょっとおかしいそんなボク達はきっと助け合って生きるようには出来てないからもうすぐ滅ぶ。
けど人類が滅びる前に良くない組織にモミクチャにされてる係長とか立場の弱い管理職がまず滅びる世の中だから大変だ。いっそ生まれ変わってイルカになりたい人も少なからずいるだろうけど、ここは一先ず来世がくるまで待つしかないかと言われればそうでもないけど早まらないで。 希望はある。見当たらないけど。


■イルカに生まれ変わるにあたって

イルカがどれくらい素晴らしいかというと、なんといっても目がかわいい。そのくせ実際泳ぐのが得意で時速50キロとかあっさり出す。んでボートとかみつけたら近寄ってきて併走する愛らしさ。ときどきピョコっと背びれを出せば乗組員はメロメロだ。大人からチビッコまで年齢の壁を越えたちょっとしたイルカパーティーが船内では開催される。
※ けど巻き込まれる可能性もあるのでスクリューには注意すること。

そしてアナタが万が一水族館に捕獲されてしまったとしても、まったく問題はないので心配は無用だ。捕獲されたらされたで飼育係さんから100%の愛情を注いでもらえるのもイルカ - 断っておくが、飼育係さんは分け隔てなくあらゆる海の生き物に対して平等に優しい。ここで海の生き物といったのはイルカが飼育されるのが水族館だからだ。

ショウの訓練も最初はつらいが慣れれば楽ちん。
むしろだんだん楽しくなってくる。なかでもオレはトレーナーを背びれに引っ掛けて全速力でプールを一周したあとの大ジャンプが大好きだ。バシっときまれば(まだ失敗したことないです)お客さんはスタンディングオベーション、もう総立ちだ。そんなときいつもボクの胸は誇らしさで一杯になり、このラスベガスシーワールドにきて本当によかったと心から思います。
ボクはみんなのことが心からスキ!今日も背びれをナデナデしてもらいたいなー!

ケーーーーーーーーッ!!! (イルカの鳴き声)


明日もがんばろうと思う。

[ 2007/01/26 ] 社会生活 | tb(0) | cm(0)

仕事が捗らないので気分転換にリフレイン 

リフレイン~青春のフォーク&ニューミュージック気分というのはとても大事で、気分がノッてないときにいくら何かを頑張ってみたところであんまり良い結果は生み出せないんだなっていうのをさっき自分のブログを読み返した上で理解した。
「よくこんなもん公開してるな」 と、改めて今日少し死にたい気分になったオレはどうせ高卒だ。

しかしオレは高卒だが、こんなオレでも高校は出た。そしてオレがどのように高校を卒業して高卒になったかを少し詳しく書くと、まずオレは3年間高校に通い、そして3年後に高校を卒業してその時初めて高卒となった。そして今、少し時を経て改めて3年間の高校生活を振り返ると、やはりオレは高校を卒業したと同時に3年間の高校生活を卒業してその時初めて一人前の高卒になったことを少し時を経た今、3年間の高校生活を振り返ってみて改めて実感した。

もっとちゃんと勉強しておけばよかった。

[ 2007/01/24 ] 社会生活 | tb(0) | cm(0)

昨日からずっと頭が痛いのでとにかくなんでもイラっとしてみる 

エンジンパーツ・用品シリーズ GE-24 φ13×30シリコンジョイントパイプWINDOWSのパイプのスクリーンセイバー、あれは毎回オレが盛り上がってきてパイプに感情移入し始めたところでいっつも突然リセットするからオレは許せん。
ほんとにあとほんの数センチ伸びればいいのにどうしてそれをやらないんだって単位はインチか?インチなのか欧米は?ってどっちでもいいわそんなもん。


今までぐっと堪えてきたけどもう限界。イライラして仕方がないのでもうこの際全部言うけど、そもそも待機時間の3分間も気に食わない。せいぜい待てても30秒がいいとこだってそれでも長いわ。どこの世界に3分間も人を待たせる3Dパイプがありますか?あるかそんなの。

少々話しは逸れるがたとえばこれがオンラインゲームの世界だとすればどうだろう。
仲間と隠密行動しているときなどに突然リセットされたとすればオレは全然楽しくないし、何より他の仲間に迷惑がかかる。ゲームといえども人と人とがつむぎ出す緻密な世界がMMO、個人のプレイスタイルそのものがある一つの物語になってくるのでそこでの信頼関係はとても大事になってくる。

それなのに3Dパイプときたらそこのところが他のMMOとは全然違う。違うというかできてない。できてないものをそのまま放置していてはユーザーはきっと離れていく一方だというのはここ最近の不二家の不祥事で証明済みだ。要はそれとおんなじ事だ。大切なのはユーザーなのだと、その芯のところをオレは彼らに解かって欲しい。
というかもうここまできたらオレは寧ろユーザーの3Dパイプ離れを望んでいる。
それぐらいしないとだめな時点まで3パイは到達してしまっているんだな、と最近とくに強く感じる。残念ながら、それ以外に3パイが良くなる道はもうないんだ、それが本当の事なんだと。

2年3年後に、3パイがどうなっているか、オレは覚悟を決めて最後まで見守るつもりだ。

[ 2007/01/23 ] 社会生活 | tb(0) | cm(0)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。