Development

copyright © 2006 Development all rights reserved.
最新の記事




スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

宇宙船地球号では僕たちヒトはただのお荷物 

フォルダ整理してたらなにやらサイケデリックな自分メモがみつかったので載せる。

【長いから続きを読むに】

もっと賢そうな文章が書きたい。
関係ないけどこの前書いたドリカムのはつらつソングが心の疲れたオレには辛いという記事をうっかり消してしまったようで残念だなあ、思い出してかいてもつまらないし残念だなぁ。 ▼▼ ここから ▼▼

はー、、、、 しんどいな。

この前の休みにさ、鬱屈した気分を晴らすべく俺はチャリでどこともなく漕ぎ出したのよ。天気よかったしな、そんなに寒くなかったし。
さすがに気分爽快ですわ、運動はいいよな。 でね、 あんまり目的もなく走り回るのもアレだから、とりあえず近所のお寺ね、でかい池のあるお寺、いや神社かな?まあどっちでもいいや、
いったんですよ池を見に!
寺の近所のコンビニで菓子とジュース買ったのよ、ビールにしたかったけど人目がアレなんでジュースにしたのよオレは、気を使ったわけよ社会人として。
んでだね、菓子くいながらボケーっと池みてたんですわ、鯉をね。すいすい泳ぐわけですよ。もうノドカでしたよそりゃ、ある意味平和が極まってたね。そう、

あいつらが現れるまでわな。

親子連れですよ、3歳くらいのガキと親。
もう早速騒がしいのよ、カンベンしろと、その時点でかなりうざい、もうオレうんざりしてたわけ。
けど帰るにしても菓子もジュースも残ってたんで、せめてこれ食って帰ろうとしてたらガキがせっせと鯉にパンだかなんだか与え始めちゃったわけよもう、、、。
もう池大惨事ですわ。もうねパニック、池戦場。
もう鯉が鯉に乗っかるわそのうえでのたうち回るわ、静かな水面は最早影も形もなかったね。
ガキ、キャッキャ言ってるし、親もおーしおし♪って機嫌いいしさ。ナニをめざしとるんだオマエら!!
おまえらだけか幸せなのわ!!鯉みてみろこれ!!
て叫びだしそうになるのをこらえてオレは 「あ、今一瞬おもったけど、人が自然界に及ぼし続けてきた行為そのものが今ここに現れているのかもしれない」 と思ったね。
腹立たしいのと悲しいのとが織り交ざった複雑な心境であいつら親子を睨み付けるかのように眺めていたオレを、気がつけばなぜか親子に逆に見つめかえされてたわけよオレ。
しかもなんかキモい変な人をみる目でさ、もうねオレは言葉もなかったよ、退散ですよそそくさとオレが!! オカシイだろこれ、 なあ、おまえがされたらどうおもう?

なあって、、、

▲▲ ここまで ▲▲
スポンサーサイト
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://deveblog.blog88.fc2.com/tb.php/18-fbf4a452

宇宙船宇宙船(うちゅうせん)は、#宇宙空間で移動するための乗り物。以下で詳述する。朝日ソノラマの発行している特撮テーマの雑誌『宇宙船』。----宇宙船(うちゅうせん、スペースクラフト)とは、宇宙空間を移動(飛行)して輸送を行う装置(のりもの)。無人の物も含ま
[2007/02/14 07:37] SFファン集合!


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。