Development

copyright © 2006 Development all rights reserved.
最新の記事




スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

神現れた後、去る。  - あらゆるおっさんの姿をした神々の系譜 - 

日輪かつて神々は幾度と無く心清き人々の前に現れ未熟なる子供らをお導きになられたが、オレの前にもあらゆるおっさんの姿を模された神々が現れてはその御印を残し、去っていった。その奇跡の一旦をここに記す。
※セリフなど一部忠実ではありませんが、出来事は事実です



【エピソード1】 
なんばパークスがかつて大阪球場であったころ、おっさんの姿をした神は場内の自販機の右側で精一杯のウンコをしておられ、その後われ等に 「紙あらば差し出せ」 とこう言われた。


ゲートをくぐってすぐでした。いえ、野球を見に行ったのではありません。時間を持て余していた我々は場内催しものの住宅博覧会を見に行っていたのです。最初おっさんの姿をした神は私達に気がついたそぶりもみせずに悠然とウンコを振り絞っておられましたが、やがて振り返り、呆然と立ちすくむ私達にむけて 「紙あらば差し出せ」 と言われました。我々はティッシュを持っておりませんでしたので 「ありません」 と三度答えました。すると神は 「光あれ」 と言いました。その後のことははっきり覚えていません。



以下は詳細は省き奇跡の概要のみ記す。
●かつて実家がメシ屋であった頃、オレの爺ちゃんの姿を模された神は客に出前を運ばせた。
●今日、出勤前のおっさんサラリーマンの姿を模された神は、地下鉄のホームのベンチで歯磨きをなさっておられた。
 
奇跡疲れか、記憶を辿ることが困難になってきた。機会をみてまたいずれ、すべてを記すためにこれに挑むことにする。

スポンサーサイト
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。